送信先のファクス/電話番号を2度ダイヤルしてからファクス送信を行う (PIXUS MX420)



送信先のファクス/電話番号を2度ダイヤルしてからファクス送信を行う (PIXUS MX420)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000062945



概要

PIXUS MX420には、ファクスの誤送信を防ぐために以下の2つの機能があります

-ファクス/電話番号を確認してから送信する
テンキーでファクス/電話番号を入力したあと、もう一度確認のために番号を入力してから送信する機能です
ファクス/電話番号のかけ間違いを防ぎます

-送信先のファクス情報を確認してから送信する
相手先の端末情報が、ダイヤルしたファクス/電話番号と一致するかを本製品が確認したあと、ファクスを送信します

対処方法

以下の手順で[ FAX番号確認入力 ]を[ する ]に設定します

1.PIXUS MX420の電源が入っていることを確認します

2.セットアップボタンを押します
3.[ 本体設定 ]を選び、OKボタンを押します

4.ボタンで[ ファクス設定 ]を選び、OKボタンを押します

5.ボタンで[ あんしん通信管理 ]を選び、OKボタンを押します

6.ボタンで[ FAX番号確認入力 ]を選び、OKボタンを押します

7.ボタンで[ する ]を選び、OKボタンを押します

この機能を使用してファクス送信をする場合は、テンキーでファクス/電話番号をダイヤルしたあと、以下の画面が表示されます
参考
1回目にダイヤルした番号と一致しなかった場合は、ファクス待機画面に戻ります



重要
ファクスを手動で送信する場合は、この機能は使用できません

1.PIXUS MX420の電源が入っていることを確認します

2.セットアップボタンを押します
3.[ 本体設定 ]を選び、OKボタンを押します

4.ボタンで[ ファクス設定 ]を選び、OKボタンを押します

5.ボタンで[ あんしん通信管理 ]を選び、OKボタンを押します

6.ボタンで[ 送信先のFAX情報確認 ]を選び、OKボタンを押します

7.ボタンで[ する ]を選び、OKボタンを押します
重要
相手のファクス機の情報が取得できなかった場合、または取得した情報がダイヤルしたファクス/電話番号と一致しなかった場合は、ファクス送信を中止します

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX420

 

[TOP▲]
このページのトップへ