プリントヘッド位置を調整する(PIXUS MG8230)



プリントヘッド位置を調整する(PIXUS MG8230)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000064181



対処方法

  • 付属の用紙(マットフォトペーパー MP-101)がなくなった場合や、キヤノン純正の専用紙が用意できない場合は、普通紙で手動のプリントヘッド位置調整を行ってください。
-> 本ページ内の [ 手動ヘッド位置調整 ] を参照してください。
  • パターンは黒と青で印刷されます。

用意するもの:A4サイズのマットフォトペーパー MP-101 1枚

1. 電源が入っていることを確認します。

2. 後トレイに付属の用紙またはA4サイズのマットフォトペーパー MP-101を1枚セットします。
印刷面(より白い面)を表にして、後トレイにセットします。
重要
  • カセットからは自動のプリントヘッド位置調整はできません。かならず後トレイに用紙をセットしてください。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを開きます。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

4. プリントヘッド位置を自動調整します。

(1) [ホーム]画面から [セットアップ]を選びます。
セットアップメニュー画面が表示されます。
(2) [メンテナンス]を選び、OKボタンをタッチします。
[メンテナンス]画面が表示されます。
(3) [ヘッド位置調整-自動]を選び、OKボタンをタッチします。
確認画面が表示されます。
(4) [はい]を選び、OKボタンをタッチします。
プリントヘッド位置調整シートが印刷され、プリントヘッド位置が自動的に調整されます。
印刷が終了するまで約4分かかります。
重要
  • 印刷中は、スキャナーユニット/カバーを開けないでください。
参考
  • 自動調整が正しく行えなかったときには、液晶モニターにエラーメッセージが表示されます。

(5) ヘッド位置調整終了のメッセージが表示されたら、OKボタンをタッチします。
[メンテナンス]画面が表示されます。
参考
  • ホームボタンをタッチすると、[セットアップ]を終了して[ホーム]画面に戻ります。
  • 記載の手順でプリントヘッド位置調整を行っても印刷結果が思わしくない場合は、手動でプリントヘッドの位置調整を行ってください。
-> 本ページ内の [ 手動ヘッド位置調整 ] を参照してください。


用意するもの:A4サイズの普通紙3枚

1. 電源が入っていることを確認します。

2. カセットにA4サイズの普通紙が3枚以上セットされていることを確認します。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを開きます。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

4. プリントヘッドの位置調整パターンを印刷します。
(1) [ホーム]画面から [セットアップ]を選びます。
セットアップメニュー画面が表示されます。
(2) [メンテナンス]を選び、OKボタンをタッチします。
[メンテナンス]画面が表示されます。
(3) [ヘッド位置調整-手動]を選び、OKボタンをタッチします。
確認画面が表示されます。
参考
  • [ヘッド位置調整値を印刷]を選ぶと、現在の設定を印刷して確認することができます。

(4) [はい]を選び、OKボタンをタッチします。
プリントヘッド位置調整パターンが印刷されます。
重要
  • 印刷中は、スキャナーユニット/カバーを開けないでください。

(5) [パターンは、正常に印刷されましたか?]のメッセージが表示されたら、正常に印刷されていることを確認し、[はい]を選び、OKボタンをタッチします。
ヘッド位置の調整値を入力する画面が表示されます。

5. 1枚目のプリントヘッド位置調整パターンを見て、プリントヘッド位置を調整します。
(1) 印刷結果を見て、A列の中から最も縦すじの目立たないパターンの番号を ボタンで入力します。
参考
  • パターンが均一にならないときには、白い縦すじが最も目立たないパターンを選びます。
(A)最も縦すじが目立たない例
(B)縦すじが目立つ例

(2) B列からG列まで、各列ごとに同様の操作を繰り返し、すべてのパターン番号を設定後、OKボタンをタッチします。
F列とG列は矢印が指す位置の横すじが最も目立たないパターンを選びます。
参考
  • パターンが均一にならないときには、白い横すじが最も目立たないパターンを選びます。
(A)最も横すじが目立たない例
(B)横すじが目立つ例

(3) メッセージの内容を確認し、OKボタンをタッチします。
2枚目のプリントヘッド位置調整パターンが印刷されます。
重要
  • 印刷中は、スキャナーユニット/カバーを開けないでください。

6. 2枚目のプリントヘッド位置調整パターンを見て、プリントヘッド位置を調整します。
(1) 印刷結果を見て、H列の中から最も縦すじの目立たないパターンの番号を ボタンで入力します。
参考
  • パターンが均一にならないときには、白い縦すじが最も目立たないパターンを選びます。
(A)最も縦すじが目立たない例
(B)縦すじが目立つ例

(2) I列からQ列まで、各列ごとに同様の操作を繰り返し、すべてのパターン番号を設定後、OKボタンをタッチします。
(3) メッセージの内容を確認し、OKボタンをタッチします。
3枚目のプリントヘッド位置調整パターンが印刷されます。
重要
  • 印刷中は、スキャナーユニット/カバーを開けないでください。

7. 3枚目のプリントヘッド位置調整パターンを見て、プリントヘッド位置を調整します。
(1) 印刷結果を見て、a列の中から最も横しまの目立たないパターンの番号を ボタンで入力します。
参考
  • パターンが均一にならないときには、横しまが最も目立たないパターンを選びます。
(A)最も横しまが目立たない例
(B)横しまが目立つ例

(2) b列からj列まで、各列ごとに同様の操作を繰り返し、すべてのパターン番号を設定後、OKボタンをタッチします。
手動プリントヘッド位置調整が終了します。
(3) ヘッド位置調整終了のメッセージが表示されたら、OKボタンをタッチします。
[メンテナンス]画面が表示されます。
参考
  • ホームボタンをタッチすると、[セットアップ]を終了して[ホーム]画面に戻ります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230

 

[TOP▲]
このページのトップへ