Linux PCから無線LAN/有線LAN接続で印刷する方法 (PIXUS MG8230/MG6230)



Linux PCから無線LAN/有線LAN接続で印刷する方法 (PIXUS MG8230/MG6230)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000065500



対処方法

Linux PCからプリンターにネットワーク接続で印刷するためには、ドライバー/アプリケーションをインストールする前に、プリンターとアクセスポイントまたはルーター間をネットワーク接続する必要があります。

下記の手順に従い、本体操作パネルからネットワーク接続を行って下さい。



A. プリンターを無線 LAN 接続で使用する場合
B. プリンターを有線 LAN 接続で使用する場合

A. プリンターを無線 LAN 接続で使用する場合

無線LANのセットアップ方法は、ご使用のアクセスポイントまたはルーターの種類(メーカーとAOSS等の機能の有無)により決定します。

- ご使用のアクセスポイントまたはルーターがバッファロー社製の場合

ご使用のアクセスポイントまたはルーターがAOSS機能に対応していますか?
アクセスポイントまたはルーターにAOSSボタンがあることを確認してください。
対応していない場合は手動設定で無線セットアップを行います。
参考
  • アクセスポイントまたはルーターがAOSSに対応しているかどうかはAOSSマーク が目印になります。

AOSSでセットアップする方は、本コンテンツの [ 2. AOSS機能を使った無線LAN接続方法 ] を参照して下さい。
手動設定でセットアップする方は、本コンテンツの [ 5. 手動設定での無線LAN接続方法 ] を参照して下さい。

- ご使用のアクセスポイントまたはルーターがNEC社製の場合

ご使用のアクセスポイントまたはルーターがらくらく無線スタート機能またはWPS機能に対応していますか?
アクセスポイントまたはルーターにらくらく無線スタートボタンまたはWPSボタンがあることを確認してください。
いずれにも対応していない場合は手動設定で無線セットアップを行います。
参考
  • アクセスポイントまたはルーターがらくらく無線スタート機能に対応しているかどうかはらくらくマーク が目印です。
  • アクセスポイントまたはルーターがWPS機能に対応しているかどうかはWPSマーク が目印です。

らくらく無線スタートでセットアップする方は、本コンテンツの [ 3. らくらく無線スタート機能を使った無線LAN設定方法 ] を参照して下さい。
WPSでセットアップする方は、本コンテンツの [ 4. WPS機能を使った無線LAN接続方法 ] を参照して下さい。
手動設定でセットアップする方は、本コンテンツの [ 5. 手動設定での無線LAN接続方法 ] を参照して下さい。

- ご使用のアクセスポイントまたはルーターがバッファロー/NEC社製以外の場合

ご使用のアクセスポイントまたはルーターがWPS機能に対応していますか?
アクセスポイントまたはルーターにWPSボタンがあることを確認してください。
対応していない場合は手動設定で無線セットアップを行います。
参考
  • アクセスポイントまたはルーターがWPS機能に対応しているかどうかはWPSマーク が目印です。

WPSでセットアップする方は、本コンテンツの [ 4. WPS機能を使った無線LAN接続方法 ] を参照して下さい。
手動設定でセットアップする方は、本コンテンツの [ 5. 手動設定での無線LAN接続方法 ] を参照して下さい。

B. プリンターを有線 LAN 接続で使用する場合

市販の LAN ケーブルを準備してください。
重要
- 有線LAN 接続するときのご注意
  • ネットワーク機器の構成やルーター機能の有無、設定方法、セキュリティの設定はご使用の環境によって異なります。詳細については、ご使用の機器のマニュアルを参照するか、メーカーにお問い合わせください。
  • オフィスでご使用の場合は、ネットワーク管理者にご相談ください。
  • セキュリティで保護されていないネットワーク環境に接続する場合は、お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。十分、ご注意ください。
  • 本製品は、無線LAN 接続と有線LAN 接続を同時に使用することはできません。
  • ルーターをご使用の場合は、プリンターとLinux PCを LAN 側(同一セグメント内)に接続してください。

本コンテンツの [ 6. 有線LAN接続方法 ] を参照して下さい。


Step 1.
プリンターのホームボタン (A) をタッチします。

Step 2.
(1) ボタン (A) で [ セットアップ ] を表示させます。
(2) 右のファンクションボタン (B) をタッチします。

Step 3.
(1) ボタン (A) で [ 無線LANセットアップ ] を選びます。
(2) OK ボタン (B) をタッチします。

Step 4.
(1) [AOSS]を選びます。
(2) OK ボタンをタッチします。

Step 5.
アクセスポイントのAOSSボタンをすぐに押せる状態で、OKボタンをタッチします。

Step 6.
1 分30 秒以内にアクセスポイントの AOSS ボタンを長押しします。
アクセスポイント検索中および接続中は、プリンターのWi-Fiランプ(青色)が点滅します。
参考
  • AOSS については、ご使用のアクセスポイントのマニュアルを参照してください。

Step 7.
(1) 下の画面が表示されたら、OKボタンをタッチします。
(2) ホームボタンをタッチします。
重要
  • 「AOSSモードのアクセスポイントが見つかりません」と表示された場合
所定の時間内(1分30秒)にAOSSの設定ができなかった場合に表示されます。
- Linux PCとネットワーク機器の設定は完了していますか。
- プリンターとネットワーク機器の電源は入っていますか。プリンターの電源がすでに入っている場合は、電源を一度切り、再度電源を入れてください。
- アクセスポイントとプリンターが、それぞれ無線通信可能な見通しの良い場所に設置されていますか。
- アクセスポイントがIEEE802.11n(2.4GHz)、IEEE802.11g、またはIEEE802.11bで動作していますか。
上記の項目が確認できたら、アクセスポイントとプリンターを3m以内に近づけて、再度AOSSの設定を行ってください。
     
  • 「アクセスポイントとセキュリティ情報を確認中にエラーが発生しました」と表示された場合
セキュリティ設定に失敗した場合に表示されます。
- アクセスポイントのセキュリティ設定を確認してください。
- アクセスポイントに、AOSS接続できる上限数を超えたLinux PCやネットワーク機器が接続されていないかを確認してください。
上記の項目が確認できたら、再度AOSSの設定を行ってください。
     
  • 「AOSSによる無線LANのセットアップに失敗しました」と表示された場合
エラーが起きた場合に表示されます。
アクセスポイントの設定を確認して、再度AOSSの設定を行ってください。

AOSS機能を使った無線LAN接続方法は以上です。


Step 1.
プリンターのホームボタン (A) をタッチします。

Step 2.
(1) ボタン (A) で [ セットアップ ] を表示させます。
(2) 右のファンクションボタン (B) をタッチします。

Step 3.
(1) ボタン (A) で [ 無線LANセットアップ ] を選びます。
(2) OK ボタン (B) をタッチします。

Step 4.
(1) [らくらく無線スタート]を選びます。
(2) OK ボタンをタッチします。

Step 5.
アクセスポイントのらくらくスタートボタンをすぐに押せる状態で、OKボタンをタッチします。

Step 6.
(1) 1分以内に、アクセスポイントのらくらくスタートボタンを、アクセスポイントのPOWERランプが緑に点滅するまで長押しします。
(2) 画面が切り替わったら、30秒以内に、らくらくスタートボタンをPOWERランプがオレンジに点灯するまで再度長押しします。
アクセスポイント検索中および接続中は、プリンターのWi-Fiランプ(青色)が点滅します。
参考
  • らくらく無線スタートについては、ご使用のアクセスポイントのマニュアルを参照してください。

Step 7.
(1) 下の画面が表示されたら、OKボタンをタッチします。
(2) ホームボタンをタッチします。
重要
  • 「無線LANのセットアップに失敗しました」と表示された場合
所定の時間内にらくらく無線スタートの設定ができなかった場合に表示されます。
所定の時間内に設定を行ってください。
     
  • 「アクセスポイントが検出できませんでした」と表示された場合
アクセスポイントが検出されなかった場合に表示されます。
- Linux PCとネットワーク機器の設定は完了していますか。
- プリンターとネットワーク機器の電源は入っていますか。プリンターの電源がすでに入っている場合は、電源を一度切り、再度電源を入れてください。
- アクセスポイントとプリンターが、それぞれ無線通信可能な見通しの良い場所に設置されていますか。
- アクセスポイントがIEEE802.11n(2.4GHz)、IEEE802.11g、またはIEEE802.11bで動作していますか。
上記の項目が確認できたら、アクセスポイントとプリンターを3m以内に近づけて、再度らくらく無線スタートの設定を行ってください。

らくらく無線スタート機能を使った無線LAN設定方法は以上です。


Step 1.
プリンターのホームボタン (A) をタッチします。

Step 2.
(1) ボタン (A) で [ セットアップ ] を表示させます。
(2) 右のファンクションボタン (B) をタッチします。

Step 3.
(1) ボタン (A) で [ 無線LANセットアップ ] を選びます。
(2) OK ボタン (B) をタッチします。

Step 4.
(1) [WPS設定]を選びます。
(2) OK ボタンをタッチします。

Step 5.
(1) [プッシュボタン方式]を選びます。
(2) OK ボタンをタッチします。

- PIN コード方式で設定する場合は
Step 5. で [ PIN コード方式 ] を選んでOK ボタンをタッチしたあと、画面の指示に従って、本製品とアクセスポイントを操作してください。
PINコードの入力方法については、アクセスポイントに付属のマニュアルを参照するか、メーカーにお問い合わせください。
参考
  • 10分以内に設定が完了せず、タイムアウトエラー画面が表示された場合は、OKボタンをタッチしてもう一度操作を行い、画面に表示される新しいPINコードをアクセスポイントに設定してください。
  • 10分以内に設定を行ってもタイムアウトエラー画面が表示される場合は、PINコード方式以外の接続方法で無線LANの設定を行ってください。

Step 6.
OK ボタンをタッチします。

Step 7.
(1) アクセスポイントのWPSボタンを長押し(5秒程度)します。
(2) 2分以内にプリンターのOKボタンをタッチします。
アクセスポイント検索中および接続中は、プリンターのWi-Fiランプ(青色)が点滅します。
参考
  • WPSボタンの押しかたについては、ご使用のアクセスポイントに付属のマニュアルを参照してください。

Step 8.
(1) 下の画面が表示されたら、OKボタンをタッチします。
(2) ホームボタンをタッチします。
重要
  • 「複数のアクセスポイントが有効になっているため、接続できません」と表示された場合
複数のアクセスポイントが検出されると表示されます。しばらく待ってから、再度WPSの設定を行ってください。
     
  • 「接続できませんでした」と表示された場合
エラーが起きた場合に表示されます。
アクセスポイントの設定を確認して、再度WPSの設定を行ってください。
     
  • タイムアウトエラー画面が表示された場合
所定の時間内にWPSの設定ができなかった場合に表示されます。
所定の時間内に設定を行ってください

WPS機能を使った無線LAN接続方法は以上です。


  • まずはじめに無線LAN の手動設定に必要な情報を確認する
ご使用のアクセスポイントまたはルーターにプリンターを接続するために、以下の情報が必要です。
ご使用のアクセスポイントまたはルーターを確認して、以下の情報をメモしてください。

- アクセスポイント名/ ネットワーク名:
※ SSID と表記されることもあります。
特定のアクセスポイントを指定するための識別名です。

- ネットワークキー:
※暗号化キー、WEP キー、WPA/WPA2 パスフレーズ、事前共有キーと表記されることもあります。
通信内容を盗み見られないようにするための設定に必要なパスワードです。

Step 1.
プリンターのホームボタン (A) をタッチします。

Step 2.
(1) ボタン (A) で [ セットアップ ] を表示させます。
(2) 右のファンクションボタン (B) をタッチします。

Step 3.
(1) ボタン (A) で [ 無線LANセットアップ ] を選びます。
(2) OK ボタン (B) をタッチします。

Step 4.
(1) [手動設定]を選びます。
(2) OKボタンをタッチします。

Step 5.
メモしたアクセスポイント名を選んで、OK ボタンをタッチします。
参考
  • マンションなどにお住まいの場合は、近隣で使用されているアクセスポイントを表示してしまうことがあります。
  • 全角文字は正しく表示されませんが、選ぶことができます。
重要
  • 使用したいアクセスポイントが表示されない場合
ご使用のアクセスポイントまたはルーターの、アクセスポイント名/ネットワーク名とネットワークキーを確認してください。
- Linux PCとネットワーク機器の設定は完了していますか。
- プリンターとネットワーク機器の電源は入っていますか。プリンターの電源がすでに入っている場合は、電源を一度切り、再度電源を入れてください。
- アクセスポイントとプリンターが、それぞれ無線通信可能な見通しの良い場所に設置されていますか。
- アクセスポイントがIEEE802.11n(2.4GHz)、IEEE802.11g、またはIEEE802.11bで動作していますか。
上記の項目が確認できたら、プリンターの左のファンクションボタンを押して、アクセスポイントを再検索してください。
     
  • 「同じ名前のアクセスポイントが複数あります」と表示された場合
同じ名前のアクセスポイントが複数ある場合に表示されます。
- お持ちのアクセスポイントが1台の場合
[ 1つのみ使用 ]を選び、OKボタンをタッチします。表示された画面で使用するアクセスポイントのMACアドレスを選び、OKボタンをタッチします。
- 複数台のアクセスポイントを使用している場合
[ 複数使用 ] を選び、OKボタンをタッチします。

Step 6.
(1) 下のいずれかの画面が表示されたことを確認します。
(2) OKボタンをタッチします。
参考
「アクセスポイントとの接続が完了しました」と表示された場合は、Step 9. にお進みください。

Step 7.
(1) メモしたアクセスポイントまたはルーターのネットワークキー(WEPキーまたはパスフレーズ)を入力します。
(2) 入力後、左のファンクションボタンをタッチします。
中央のファンクションボタンで文字入力モードを切り替えることができます。
重要
アルファベットの大文字と小文字は正しく入力してください。
参考
- 文字入力のしかた
このプリンターでは、画面にキーボードが表示されたとき、文字を入力することができます。以下の手順で行ってください。
1. 画面に上の図のようなキーボードが表示されたら、中央のファンクションボタン(A)をタッチし、入力したい文字のキーボード画面に切り替えます。
  • 画面に表示されるキーボードには、アルファベットの大文字、小文字、数字/記号の3種類があります。中央のファンクションボタンをタッチするたびに、キーボード画面が切り替わります。
2. ボタン(B)でキーボード画面から文字を選び、OKボタンをタッチして文字を入力します。
  • 入力された文字は画面のキーボード上部(C)に表示されます。
3. 手順1〜2をくり返して、2文字目以降を入力します。
4. 文字をすべて入力し終わったら、左のファンクションボタン(D)をタッチします。
※ スペースを挿入したいときは、キーボード画面から [ スペース ] を選択し、OKボタンをタッチします。
※ 文字を挿入したいときは、 ボタンで画面の (C) の部分を選択し、 ボタンでカーソルを挿入したい位置の右の文字に移動させてから、文字を入力します。
※ 文字を削除したいときは、 ボタンで画面の (C) の部分を選択し、 ボタンでカーソルを削除したい文字に移動させてから、右のファンクションボタン(E)をタッチします。

Step 8.
(1) ネットワークキーが正しいことを確認します。
(2) 左のファンクションボタンをタッチします。

Step 9.
(1) 下の画面が表示されたら、OKボタンをタッチします。
(2) ホームボタンをタッチします。
重要
  • 「アクセスポイントへの接続に失敗しました」と表示された場合
入力したアクセスポイントのネットワークキー(WEPキーまたはパスフレーズ)が正しいことを確認してください。また、アクセスポイントのWEPキー番号2〜4を使用している場合、WEPキー番号1を使用するように変更するか、プリンターの無線LAN設定を直接入力して、WEPキー番号を選んでください。

手動設定での無線LAN接続方法は以上です。


Step 1.
プリンターの右側背面にある、上部のポートのキャップ(A)を取り外します。

Step 2.
LANケーブル(A)で、プリンターとルーターなどのネットワーク機器を接続します。

Step 3.
(1) ボタン (A) で [ セットアップ ] を表示させます。
(2) 右のファンクションボタン (B) をタッチします。

Step 4.
(1) ボタン (A) で [ 本体設定 ] を選びます。
(2) OKボタンをタッチします。

Step 5.
(1) [ LAN設定 ] を選びます。
(2) OKボタンをタッチします。

Step 6.
(1) [ 無線LAN/有線LANの切換 ] を選びます。
(2) OKボタンをタッチします。

Step 7.
(1) [ 有線LANを有効にする ] を選びます。
(2) OKボタンをタッチします。

有線LAN接続方法は以上です。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG8230 / PIXUS MG6230

 

[TOP▲]
このページのトップへ