用紙をセットする(PIXUS MX513)



用紙をセットする(PIXUS MX513)
更新日 : 2014年1月17日
文書番号 : Q000066474



対処方法

  • あて名面への印刷は、パソコンから行ってください。
  • 写真付きはがきやステッカーが貼ってあるはがきには印刷できません。
  • 往復はがきは、パソコンからの印刷にのみ使用できます。
  • 往復はがきにフチなし全面印刷はできません。
  • 往復はがきは折り曲げないでください。折り目が付くと、正しく給紙できず印字ずれや紙づまりの原因になります。
参考
  • はがきや往復はがきは自動両面印刷には対応していません。
  • はがきの両面に1面ずつ印刷するときは、きれいに印刷するために、通信面を印刷したあとにあて名面を印刷することをお勧めします。
  • はがきを持つときは、できるだけ端を持ち、インクが乾くまで印刷面に触れないでください。
  • 写真を印刷するときは、キヤノン純正の写真専用紙のご使用をお勧めします。キヤノン純正紙については、「 使用できる用紙について 」を参照してください。

- 本製品から印刷する場合

パソコンを使わずに本製品を操作してはがきの通信面にコピーや印刷する場合は、はがきのあて名面を上にして郵便番号欄を奥に向けてセットします。


- パソコンから印刷する場合

用紙の種類ではがきに対応した種類を設定します。
印刷を実行すると、設定に従った印刷ガイドが表示されますので、メッセージに従って、はがきの印刷したい面を下にしてセットしてください。


1. 用紙の準備をします。
セットする用紙をそろえます。用紙に反りがあるときは、反りを直してください。
参考
  • 用紙の端をきれいにそろえてからセットしてください。用紙の端をそろえずにセットすると、紙づまりの原因となることがあります。
  • 用紙に反りがあるときは、逆向きに曲げて反りを直してから(表面が波状にならないように)セットしてください。反りの直しかたについては 「 印刷面が汚れる/こすれる 」の「反りのある用紙は、反りを直してから使用してください」を参照してください。
  • キヤノン写真用紙・絹目調 SG-201をご使用の場合は、用紙が反っていてもそのまま1枚ずつセットして使用してください。丸めると用紙の表面にひび割れが発生し、印刷品質が低下する場合があります。

2. 用紙をセットします。
(1) フロントカバーをゆっくり手前に開いてから、用紙サポートを引き出します。
(2) 右の用紙ガイド(A)を持って、用紙ガイドを広げます。
(3) 用紙の印刷したい面を下にして、前トレイの中央にセットします。
用紙の先端は奥まで突き当ててください。
(4) 右の用紙ガイド(A)を動かし、用紙の両端に合わせます。
用紙ガイドを用紙に強く突き当てすぎないようにしてください。うまく給紙されない場合があります。
重要
  • 用紙(往復はがきを除く)は縦方向(B)にセットしてください。横方向(C)にセットすると紙づまりの原因となります。
参考
  • 用紙の上面が用紙ガイドに当たらないように、用紙をセットしてください。
  • L判などの小さいサイズの用紙は、用紙の先端が奥まで突き当たるようにセットしてください。

(5) 補助トレイを開きます。

3. 排紙トレイを開きます。
(1) 排紙トレイをゆっくり手前に開き、排紙サポートを引き出します。
重要
  • 印刷時は、かならず排紙トレイを開いてください。排紙トレイを開いておかないと、印刷が開始されません。
参考
用紙をセットしたら
  • 操作パネルまたはプリンタードライバーの印刷設定で、セットした用紙に合わせて用紙サイズと用紙の種類を設定します。

 


1. 原稿台ガラスに原稿がないことを確認します。

2. 原稿をADFにセットします。
(1) 原稿トレイを開きます。
(2) 原稿を原稿トレイにセットし、ピッという音が鳴るまで差し込みます。
原稿の読み取る面を上にして、原稿トレイにセットしてください。
参考
  • [本体の基本設定]の[音の調整]で、アラーム音が鳴らないように設定している場合は、原稿トレイに原稿をセットしても音は鳴りません。

(3) 原稿ガイドを原稿の幅に合わせます。
原稿ガイドを原稿に強く突き当てすぎないようにしてください。うまく給紙されない場合があります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX513

 

[TOP▲]
このページのトップへ