給紙ローラーをクリーニングする(PIXUS MG6330)



給紙ローラーをクリーニングする(PIXUS MG6330)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000070454



対処方法

給紙ローラーに紙粉や汚れがつくと、用紙がうまく送られないことがあります。そのような場合は、給紙ローラーのクリーニングを行います。給紙ローラーのクリーニングは給紙ローラーが磨耗しますので、必要な場合のみ行ってください。

用意するもの

カセット(上段)の場合:A4サイズの普通紙1枚
カセット(下段)の場合:A4サイズの普通紙3枚


1. 電源が入っていることを確認します。

2. 給紙ローラークリーニングを選びます。

(1) ホーム画面から [セットアップ]を表示し、タップします。
セットアップメニュー画面が表示されます。
(2) [メンテナンス]をタップします。
[メンテナンス]画面が表示されます。
(3) [給紙ローラークリーニング]をタップします。
確認画面が表示されます。
(4) [はい]をタップします。
(5)クリーニングする給紙箇所([カセット(上段)]または[カセット(下段)])をタップします

3. 用紙を使用せずに給紙ローラーをクリーニングします。
(1) メッセージに従って、手順2の(5)で選んだ給紙箇所にセットされている用紙をすべて取り除きます。
(2) OKボタンをタップします
給紙ローラーが回転してクリーニングが開始されます。

4. 用紙を使用して給紙ローラーをクリーニングします。

(1) 給紙ローラーの回転が停止したことを確認し、メッセージに従って、手順2の(5)で選んだ給紙箇所に、以下の用紙をセットします。

カセット(上段)にセットする場合:
A4サイズの普通紙1枚を図のように4枚にカットします。
カットした用紙は、上と下の端(A)がカセットの奥になるように揃えてセットします


カセット(下段)にセットする場合:
A4サイズの普通紙3枚をそのままセットします

(2)  排紙トレイの左右を持って、ゆっくり手前に開きます。 排紙トレイを開くと、自動的に補助トレイが開きます。
(3) 排紙サポートを手前に引き出します。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

(4) OKボタンをタップします。 クリーニングが開始されます。用紙が排出されるとクリーニングが終了します 。
(5)クリーニング終了のメッセージが表示されたら、OKボタンをタップします。 [メンテナンス]画面が表示されます
参考
  • ホームボタンをタッチすると、[セットアップ]を終了して[ホーム]画面に戻ります

上記の操作を行っても改善されない場合は、お客様相談センターまたは修理受付窓口に修理をご依頼ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG6330

 

[TOP▲]
このページのトップへ