ディスクレーベルをコピーする方法(PIXUS MG5430)



ディスクレーベルをコピーする方法(PIXUS MG5430)
更新日 : 2013年3月15日
文書番号 : Q000070530



概要

既存のディスクのレーベル面を読み取り、プリンタブルディスクにコピーすることができます。
重要
  • 8 cm(3.15 inches)プリンタブルディスクには印刷できません
  • プリンタブルディスク/ディスクトレイをセットする案内画面が表示されるまでは、ディスクトレイはセットしないでください。動作中にプリンタブルディスク/ディスクトレイをセットすると本製品を損傷するおそれがあります

対処方法

  • ディスクトレイは、本製品に付属のものをご使用ください(表面にJのマークがあります)。
  • インクジェット方式に対応していないプリンタブルディスクに印刷しないでください。インクが乾かずプリンタブルディスク自体や、DVDプレーヤーなどのセットする機器に支障をきたす場合があります。
  • プリンタブルディスクの記録面には印刷しないでください。記録したデータが読めなくなることがあります。
  • プリンタブルディスクはできるだけ端を持ち、レーベル面(印刷面)、記録面に触れないでください。
  • ディスクトレイにゴミなどがある場合は、プリンタブルディスクをセットする前に取り除いてください。そのままセットすると、プリンタブルディスクの記録面が傷つくことがあります。
  • 印刷後はドライヤーの熱や直射日光を避け、自然乾燥させてください。また、インクが乾くまで印刷面に触れないでください。
  • 本製品の動作中にディスクトレイを取り付けないでください。
  • プリンタブルディスクの印刷中にディスクトレイを取り外さないでください。破損の原因になります。
  • ディスクトレイに付いている反射板を汚したり、傷つけたりしないでください。プリンタブルディスクがセットされていることを認識できなかったり、印字位置がずれてしまったりする場合があります。ディスクトレイが汚れた場合には、反射板が傷つかないように柔らかくて乾いた布などで拭いてください。
  • My Image Garden(マイ・イメージ・ガーデン)以外のアプリケーションソフトを使って印刷すると、ディスクトレイが汚れることがあります。
  • プリンタブルディスクに印刷したあとは、かならず内部カバーを閉じてください。
  • 印刷品質を保つため、10枚以上連続して印刷する場合は、10枚ごとに一度、印刷を中断することをお勧めします。その場合は、本製品からディスクトレイを取り外して内部カバーを閉じてください。3分経過したあとで内部カバーを開き、ディスクトレイをセットして印刷を再開してください。

プリンタブルディスクに印刷するには次のものが必要です。

  • ディスクトレイ(本製品に付属)
*本製品では表面に「J」マークのあるディスクトレイが使用できます
ディスクトレイは、カセット(上段)の裏面に取り付けられています。

  • 市販の12 cm(4.72 inches)プリンタブルディスク
レーベル面がインクジェット方式のプリンターに対応したもの
参考
プリンタブルディスクとは、レーベル面に特殊な加工が施された印刷が可能なディスクです。推奨のプリンタブルディスクを使うと、よりきれいな印刷結果を得ることができます。
推奨品についての最新情報は、「キヤノンサポートホームページ」(canon.jp/support)でご確認ください。

重要
プリンタブルディスクのセットを促すメッセージが表示されるまでは、ディスクトレイはセットしないでください。
動作中にディスクトレイをセットすると本製品を損傷するおそれがあります。

1. ディスクトレイをカセット(上段)から取り外します。

2. 排紙トレイ(A)の左右を持って、ゆっくり手前に開きます。

3. プリンタブルディスクのセットを促すメッセージが表示されたら、内部カバー(B)を手前に開き、下までしっかり押し下げます。

4. 印刷面を上にして、プリンタブルディスクをディスクトレイにセットします。
重要
  • ディスクトレイにゴミなどがないことを確認してからセットしてください。
  • セットするときにプリンタブルディスクの印刷面や反射板(C)に触れないでください。
5. ディスクトレイをセットします。
参考
ディスクトレイをセット後、一定時間を経過すると、セットしたディスクトレイが排出されることがあります。その場合は、画面の指示に従って、ディスクトレイをセットし直してください。

(1) ディスクトレイを内部カバーにセットします。
(2) ディスクトレイの矢印( )と、内部カバーの矢印( )がほぼ合うところまで、まっすぐ挿入します。
重要
内部カバーの矢印( )の位置より奥にディスクトレイを押し込まないでください。


1. ディスクトレイを手前に引いて取り出します。

2. 内部カバーを閉じます。
重要
内部カバーを開いた状態では、通常の用紙を使った印刷はできません。かならず内部カバーを閉じてください。


3. プリンタブルディスクを取り外します。
重要
取り外す際に印刷面に触れないでください。
参考
印刷面が十分に乾いてから、取り外してください。ディスクトレイ上に印刷された場合や、プリンタブルディスクの外側および内側の透明部分に印刷された場合は、印刷面が乾いてから拭き取ってください。
4. 排紙トレイを閉じます。
5. ディスクトレイをカセット(上段)へ収納します。
ディスクトレイを取り外す
カセット(上段)の裏面に取り付けられたディスクトレイを横にスライドさせ、そのまま持ち上げて取り外してください。
重要
梱包用のオレンジテープが付いている場合は取り除いてください。
ディスクトレイを取り付ける
ディスクトレイの穴をカセット(上段)の裏面のツメに合わせて差し込み、スライドさせて取り付けてください。
重要
ディスクトレイのそれぞれの穴が、カセット(上段)の裏面のツメに合うように差し込んでください。ディスクトレイが正しく取り付けられていないと、カセット(上段)を本体に差し込んだときにディスクトレイが破損するおそれがあります。


2.[ホーム]画面から[いろいろプリント]を選びます

3.[レーベル面をディスクにコピー]を選び、OKボタンを押します

印刷領域を指定する画面が表示されます

4. 印刷領域を指定し、OKボタンを押します

ボタンで[外径]または[内径]を選び、ボタンで印刷領域を指定します。
参考
  • 外径/内径の寸法は、プリンタブルディスクのパッケージやケース内のインデックスシートに記載されている印刷可能範囲(最小内径、最大外径)を確認するか、または印刷面の外径/内径を実際に測り、外径には計測した値より小さい数値を、内径には計測した値より大きい数値を指定してください。
  • プリンタブルディスクの詳しい情報は、製品メーカーへお問い合わせください

5. 表示される案内に従って、コピー元のディスクを原稿台ガラスにセットし、OKボタンを押す
参考
ご使用のプリンタブルディスクが推奨品の場合は、適切な濃度で印刷するために、[推奨品ディスク]を指定してください。推奨品でない場合は、[その他のディスク]を指定してください。
推奨するプリンタブルディスクについては、「キヤノンサポートホームページ」(canon.jp/support)でご確認ください

6. 表示される案内に従って、コピー元のディスクを原稿台ガラスにセットし、[OK]をタップします
印刷確認画面が表示されます
重要
コピー元のディスクは、コピーする面を下向きにして原稿台ガラスの中央付近に置いてください。原稿台ガラスの端に置くと画像が欠けることがあります

7. カラーコピーをする場合はカラーボタンを押し、白黒コピーをする場合はモノクロボタンを押す

8. 表示される案内に従って、プリンタブルディスクをセットする
参考
  • ファンクションボタン(左)を押すと、プリンタブルディスクのセット方法が表示されます。OKボタンを押すと、セット手順に従って画面が表示されます。また、ストップボタンを押すと、印刷確認画面に戻ります

9. [OK]を押します 。コピーが開始されます
参考
  • コピーを中止するときは、ストップボタンを押します。
  • 印刷後はドライヤーの熱や直射日光を避け、自然乾燥させてください。また、インクが乾くまで印刷面には触らないでください
  • 選択したプリンターや用紙によって、表示される給紙方法が異なります。
  • 印刷品質を保つため、10枚以上連続して印刷する場合は、10枚ごとに一度、印刷を中断することをお勧めします。その場合は、本製品からディスクトレイを取り外して内部カバー(ディスクトレイのカバー)を閉じてください。3分経過したあとで内部カバーを開き、ディスクトレイをセットして印刷を再開してください
  • 画像がずれて印刷される場合は、[本体設定]内の[印刷設定]の[ディスクの印刷位置調整]で印刷位置を調整してください


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG5430

 

[TOP▲]
このページのトップへ