原稿台の周辺部分を清掃する(PIXUS MX523)



原稿台の周辺部分を清掃する(PIXUS MX523)
更新日 : 2013年2月7日
文書番号 : Q000072055



対処方法

重要
清掃する前に、電源を切り、電源プラグを抜いてください。
  • ファクスの送受信中や未送信のファクスが本製品のメモリーに保存されている場合は電源を切ることができません。ファクスの受信または送信が完了していることを確認してから電源を切ってください。
  • 本製品の電源を切るとファクスの送受信はできません。
  • 電源プラグを抜くと、日付・時刻情報はリセットされ、本製品のメモリーに保存されているファクスはすべて消去されます。電源プラグを抜くときは、必要なファクスを送信または印刷するか、メモリーカードやUSBフラッシュメモリーに保存してください。
  • 清掃には、ティッシュペーパーやペーパータオル、きめの粗い布などは表面に傷がつくため使用しないでください。外側を傷つけないように、かならず柔らかくて乾いた布を使ってください。
  • 中性洗剤や、ベンジン、シンナー、アルコールなどの揮発性の化学薬品は使わないでください。故障または本製品の表面を傷める原因になります。

きれいで柔らかく、糸くずの出ない布を用意してください。原稿台ガラス(A)、原稿台カバーの裏側(白い部分)(B)、ADF(自動原稿給紙装置)のガラス(C)、ADF(自動原稿給紙装置)の裏側(白い部分)(D)の汚れや、ほこりをやさしくふき取ります。とくにガラス面は、ふいたあとが残らないように十分ふき取ってください。
重要
  • 原稿台カバーの裏側(白い部分)(B)は傷がつきやすいので、やさしくふいてください。
  • 図のように、ADF(自動原稿給紙装置)のガラス(C)にのり、インク、修正液などの異物が付着している場合、読み取った画像に黒いすじが入る場合があります。このような場合は、汚れをやさしくふき取ってください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MX523

 

[TOP▲]
このページのトップへ