FINEカートリッジを交換する (PIXUS MG3630)



FINEカートリッジを交換する (PIXUS MG3630)
更新日 : 2015年8月26日
文書番号 : Q000084745



対処方法


2. 排紙カバーを開きます。
FINEカートリッジホルダーが交換位置に移動すると、ヘッドカバーが自動的に開きます。
注意
  • FINEカートリッジホルダーが動いている間はFINEカートリッジホルダーを手で止めたり、無理に動かしたりしないでください。FINEカートリッジホルダーの動きが止まるまでは、手を触れないでください。
重要
  • ヘッドカバーは排紙カバーを開くと自動的に開きます。交換中にヘッドカバーを閉じてしまった場合は、いったん排紙カバーを閉じ、再度開けてください。手で無理にヘッドカバーを開けようとすると、故障の原因になります。
  • 本体内部の金属部分やそのほかの部分に触れないでください。
  • 排紙カバーを10分以上開けたままにすると、FINEカートリッジホルダーが右端へ移動し、エラーランプが点灯します。その場合は、いったん排紙カバーを閉じ、再度開けてください。

3. インクのなくなったFINEカートリッジのインクカートリッジ固定レバーを「カチッ」という音がするまで下げ、
FINEカートリッジを取り出します。
重要
  • 衣服や周囲を汚さないよう、FINEカートリッジの取り扱いには注意してください。
  • 空になったFINEカートリッジは地域の条例に従って処分してください。
また、キヤノンでは使用済みFINEカートリッジの回収を推進しています。

4. 新しいFINEカートリッジをパッケージから取り出し、保護テープをゆっくり取り外します。
重要
  • FINEカートリッジを振るとインクが飛び散り、手やまわりのものを汚すおそれがあります。FINEカートリッジの取り扱いには注意してください。
  • 取り外した保護テープに付いているインクで、手やまわりのものを汚すおそれがあります。ご注意ください。
  • 取り外した保護テープは、再装着しないでください。地域の条例に従って処分してください。
  • FINEカートリッジの金色の端子やプリントヘッドノズルには、手を触れないでください。正しく印刷できなくなる場合があります。

5. 新しいFINEカートリッジをホルダーに突き当たるまでまっすぐ差し込みます。
カラーFINEカートリッジは左側のホルダーに、ブラックFINEカートリッジは右側のホルダーに取り付けます。
重要
  • FINEカートリッジはホルダーの奥の端子にぶつけないように、ゆっくり差し込んでください。

6. インクカートリッジ固定レバーを「カチッ」という音がするまで上げます。
FINEカートリッジが固定されます。
重要
  • FINEカートリッジが正しく取り付けられていることを確認してください。
  • カラーFINEカートリッジとブラックFINEカートリッジの両方がセットされていないと印刷できません。かならず、両方のカートリッジを取り付けてください。

7. 排紙カバーを閉じます。
参考
  • 排紙カバーを閉じたあとにエラーランプが点灯または点滅した場合は、エラーの対処をしてください。
  • 次回印刷を開始すると、自動的にプリントヘッドのクリーニングが開始されます。終了するまでほかの操作を行わないでください。
  • 罫線がずれて印刷されるなど、プリントヘッドの位置ずれが確認されたときには、プリントヘッドの位置を調整します。
  • 操作中に動作音がする場合がありますが、正常な動作です。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG3630

 

[TOP▲]
このページのトップへ