エラーランプが点滅している (PIXUS MG3630)



エラーランプが点滅している (PIXUS MG3630)
更新日 : 2016年10月18日
文書番号 : Q000084757



現象

トラブルが発生すると、本製品のエラーランプが点滅します。ランプの状態を確認し、「エラーランプが点滅している」または「電源ランプとエラーランプが交互に点滅している」の対処方法に従って操作してください。
トラブルの内容によっては、パソコン画面にメッセージやサポート番号(エラー識別番号)が表示されます。
参考
- エラーランプが点滅している
- 電源ランプとエラーランプが交互に点滅している

原因と対処方法

[ エラーランプが点滅している ]
[ 電源ランプとエラーランプが交互に点滅している ]
















それでもエラーが解決されないときには、FINEカートリッジが故障している可能性があります。キヤノンサポートホームページから修理のお申し込み、もしくはパーソナル機器修理受付センターに修理をご依頼ください。


それでもエラーが解決されないときには、FINEカートリッジが故障している可能性があります。キヤノンサポートホームページから修理のお申し込み、もしくはパーソナル機器修理受付センターに修理をご依頼ください。






















それでもエラーが解決されないときには、FINEカートリッジが故障している可能性があります。キヤノンサポートホームページから修理のお申し込み、もしくはパーソナル機器修理受付センターに修理をご依頼ください。


印刷が完了していない場合は、インクカートリッジを取り付けたまま本製品のストップボタンを5秒以上押すと、インク切れの状態で印刷を続行することができます。
このとき、インク残量検知機能は使用できなくなります。
印刷が終了したらすぐに新しいインクカートリッジに交換してください。インク切れの状態で印刷を続けると、十分な印刷品位が得られなくなります。










以下のチェック項目に従って、対処してください。
チェック1:プリンター保護材が内部に残って無いか確認してください
チェック2:プリンター内部に異物が無い事を確認してください
チェック3:エンコーダーフィルムの汚れを確認し、汚れている場合は清掃してください


- チェック1:プリンター保護材が内部に残って無いか確認してください
プリンターの初期設置時にエラーが発生した場合は、プリンターを保護するためのオレンジテープ、白い固定部材が全て取り除かれているか確認してください。
印刷を中止して、本製品の電源を切ってください。それから、FINEカートリッジホルダーの保護材やつまった用紙など、FINEカートリッジホルダーの動きを妨げているものを取り除き、本製品の電源を入れ直してください。


- チェック2:プリンター内部に異物が無い事を確認してください
つまった用紙などの異物がプリンター内部に残っているとFINEカートリッジが正しく動作出来できず、印字不良、5100エラーが発生します。
以下手順に従って、プリンター内部の異物確認および除去を行ってください。


- チェック3:エンコーダーフィルムの汚れを確認し、汚れている場合は清掃してください
プリンターはエンコーダーフィルムによりFINEカートリッジホルダーの位置を検出しています。エンコーダーフィルムが汚れるとFINEカートリッジホルダーの位置が正しく検出できず、5100エラーが発生します。
(A) エンコーダーフィルム(薄く透明なフィルム状の部品)
以下手順に従って、プリンター内部にあるエンコーダーフィルム状態の確認および清掃を行ってください。


上記を実施しても回復しない場合は、パーソナル機器修理受付センターまたはお近くの修理受付窓口に修理をご依頼ください。








サポート番号=6910が表示されている場合は、下記も順番にお試しください。
1. ネットワーク上の他の機器の電源を一旦オフにする。
2. 本製品の設置場所を変更してみる。


それでも回復しない場合は、キヤノンサポートホームページから修理のお申し込み、もしくはパーソナル機器修理受付センターに修理をご依頼ください。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG3630

 

[TOP▲]
このページのトップへ