インクふき取りクリーニングを行う (PIXUS MG3630)



インクふき取りクリーニングを行う (PIXUS MG3630)
更新日 : 2015年9月15日
文書番号 : Q000084775



対処方法

両面印刷の前に、用紙の裏面の汚れを防ぐためにインクふき取りクリーニングを行ってください。
印刷時に、用紙に印刷データ以外の汚れが付いたりするときにも実行してください。

インクふき取りクリーニングを行う手順を説明します。


1. プリンタードライバーの設定画面を開きます。
参考
[[ プリンタードライバーの設定画面の開きかた ]]
(1) 以下のように選択します。
  • Windows 10、Windows 8.1、Windows 8をご使用の場合は、[ コントロール パネル ] → [ ハードウェアとサウンド ] → [ デバイスとプリンター ] を選びます。
  • Windows 7をご使用の場合は、[ スタート ] メニューから [ デバイスとプリンター ] を選びます。
  • Windows Vistaをご使用の場合は、[ スタート ] メニューから [ コントロール パネル ] → [ ハードウェアとサウンド ] → [ プリンタ ] を選びます。
  • Windows XPをご使用の場合は、[ スタート ] メニューから [ コントロール パネル ] → [ プリンタとその他のハードウェア ] → [ プリンタと FAX ] を選びます。
(2) 「お使いの機種名」アイコンを右クリックし、表示されたメニューから [ 印刷設定 ] を選択します。

2. [ ユーティリティ ] シートの [ インクふき取りクリーニング ] をクリックします。
[ インクふき取りクリーニング ] ダイアログボックスが表示されます。

3. プリンターに用紙をセットします。
(1) ダイアログボックスの指示に従って、A4サイズの普通紙を横半分に折ってから、開きます。
(2) 開いた片側を中央の折り目に合わせて折ってから、開きます。
(3) 開いた面(谷折り)を下にし、折りしろの広いほうが奥になるように、前トレイに1 枚だけセットしてください。

4. インクふき取りクリーニングを実行します。
プリンターの電源が入っていることを確認して、[ 実行 ] をクリックします。

インクふき取りクリーニングが実行され、用紙が排出されます。
排出された用紙の山折り部分を確認し、インクが付いている場合は再度クリーニングを行います。
参考
  • 再度インクふき取りクリーニングを行う場合は、新しい用紙をご使用ください。


1. Canon IJ Printer Utilityのポップアップメニューから [ クリーニング ] を選択します。

2. [ インクふき取りクリーニング ] をクリックします。
ダイアログが表示されます。

3. プリンターに用紙をセットします。
(1) ダイアログボックスの指示に従って、A4サイズの普通紙を横半分に折ってから、開きます。
(2) 開いた片側を中央の折り目に合わせて折ってから、開きます。
(3) 開いた面(谷折り)を下にし、折りしろの広いほうが奥になるように、前トレイに1 枚だけセットしてください。

4. インクふき取りクリーニングを実行します。
プリンターの電源が入っていることを確認して、[ 実行 ] をクリックします。

インクふき取りクリーニングが実行され、用紙が排出されます。
排出された用紙の山折り部分を確認し、インクが付いている場合は再度クリーニングを行います。
参考
  • 再度インクふき取りクリーニングを行う場合は、新しい用紙をご使用ください。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS MG3630

 

[TOP▲]
このページのトップへ