封筒をセットする方法(PIXUS 80i,iP90)



封筒をセットする方法(PIXUS 80i,iP90)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000022995



■概要

こちらでは洋形封筒/長形封筒をプリンタにセットする方法につきましてご案内します。

●対応用紙サイズ:長形3号/長形4号/洋形4号/洋形6号

※Mac OS Xでは長形3号と長形4号は使用できません。

●重要

以下のような封筒につきましては印刷できません。
・型押しやコーティングなどの加工された封筒
・ふたが二重になっている封筒
・ふたがシールになっている封筒



詳細情報:
  1. 封筒をセットする方法(PIXUS 80i,iP90)

【詳細1】封筒をセットする方法(PIXUS 80i,iP90)

■封筒のセット方法

<封筒をセットする前に>


セットする封筒の周辺とフラップ(ふた)を十分に押してカールや曲がりを取り、中の空気を抜きます。

・長形3/4号
長形3/4号の曲がりを取る例

・その他
その他の用紙の曲がりを取る例

<メモ>
封筒のフラップ(ふた)が曲がっているものは伸ばしてください。
封筒がカールしているときは、封筒の端を対角線に持って、軽く逆方向に曲げてください。
封筒の先端がふくらんでいたり、カールしている場合は、机などの上でペンなどを使って、下図のようにしっかりつぶしてください。 (中央から先端に向けてしっかりとつぶしてください)


・長形3/4号
長形3/4号カールを直す例


・その他
その他の用紙カールを直す例
<封筒のセット方法>
  1. 封筒を、オートシートフィーダの右端<1>に合わせてセットしてください。
    このとき、封筒は、辺の長さが長い方を立て、封筒のフラップ(ふた)の位置を下記表に合わせてセットしてください。
     
    封筒の種類
    フラップ(ふた)の位置
    長形3/4号
    上側 *
    洋形4/6号
    右側
    その他
    左側
     
    *長形封筒はフラップ(ふた)を折らないでセットしてください。

  2. 用紙ガイド<2>をつまんで動かし、封筒の左端に合わせてください。

    <メモ>一度にセットできる封筒の枚数は5枚までです。

    ・長形3/4号
    長形3/4号の本体セットイメージ
    ・洋形4/6号
    洋形4/6号の本体セットイメージ
    ・その他
    その他の用紙本体セットイメージ
    <1>オートシートフィーダの右端のセット位置
    <2>用紙ガイド

  3. 紙間選択レバー<3>を左側にセットします。
    紙間選択レバーセット位置イメージ
    <3>紙間選択レバー


    (注)排紙口カバーに5枚以上たまる前に用紙を取り除いてください。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP90 / PIXUS 80i

 

[TOP▲]
このページのトップへ