日本郵政インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)に印刷するときのプリンタドライバの設定方法(MacOSX)



日本郵政インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)に印刷するときのプリンタドライバの設定方法(MacOSX)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023432



■概要

日本郵政から発売されている「インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)」の通信面(裏面)は、通常の郵便はがきとは異なり、用紙に加工が施されています。

「インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)」の通信面(裏面)の印刷を行う場合は、プリンタドライバの用紙の種類で[インクジェットはがき]、もしくは[インクジェット官製葉書]を選択してください。
なお、「インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)」の宛名面(表面)については、加工されていないため、通常の郵便はがきと同じ設定で印刷してください。

<ご注意>

はがきを印刷する際には、<通信面→宛名面>の順で印刷を行ってください。

 

■「インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)」の通信面(裏面)の印刷設定方法

※ ここでは、PIXUS iP4100のプリンタドライバVer2.6.0を例に説明しています。(MacOSX)

  1. アプリケーションソフトの[ファイル]から→[ページ設定]を選択します。

    [対象プリンタ]の一覧から機種、[用紙サイズ]から[はがき]を選択します。



    ※フチなし印刷を行う場合は、 [用紙サイズ]から[はがき(フチなし)]を選択します。

     
  2. アプリケーションソフトの[ファイル]→[プリント]を選択します。

     
  3. プリントダイアログが表示されたら、ポップアップメニューから[品位と用紙の種類]を選択します。

     
  4. [用紙の種類]で[インクジェットはがき]、もしくは[インクジェット官製葉書]を選択します。



    ※[印刷設定]では、印刷する原稿に適した設定を選択します。

     
  5. これで、「インクジェット用はがき(インクジェット用年賀はがき)」の通信面(裏面)を印刷するときのプリンタ設定は完了です。
    [プリント]ボタンをクリックすると、印刷が開始されます。アプリケーションソフトから印刷を行ってください。

    ※ 宛名面(表面)を印刷する場合は、上記手順4にて[はがき]を選択してください。
    用紙の種類を設定したら、続けて印刷設定を[一般的な文書を印刷]に設定します。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP90 / PIXUS iP90v / PIXUS iP1500 / PIXUS iP1700 / PIXUS iP2000 / PIXUS iP2200 / PIXUS iP2500 / PIXUS iP3100 / PIXUS iP3300 / PIXUS iP3500 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP4200 / PIXUS iP4300 / PIXUS iP4500 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP7500 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iP9910 / PIXUS mini360 / PIXUS mini260 / PIXUS mini220 / PIXUS Pro9000 / PIXUS Pro9500 / PIXUS iX5000 / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i

 

[TOP▲]
このページのトップへ