冊子印刷の設定方法(MacOS 9.x/8.x)



冊子印刷の設定方法(MacOS 9.x/8.x)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023674



■概要

ここでは、MacOS 9.x/8.x環境で、パンフレットや小冊子に印刷を行う場合の設定方法をご案内します。
複数ページの原稿を冊子に綴じられるようにページの両面に印刷することができます。



詳細情報:
  1. 冊子印刷の設定方法(MacOS 9.x/8.x)

【詳細1】冊子印刷の設定方法(MacOS 9.x/8.x)

■操作手順

  1. [ファイル] メニューから [プリント...] を選択します。

  2. [オプション] をクリックします。
    オプション設定ダイアログが開きます。

    オプションボタンクリック

  3. [オプション設定]画面で、必要な設定を行います。

    - [レイアウト] から、冊子のとじかたを選択します。
    - 各ページのまわりに枠線をつけたい場合は、[枠線] から [あり] を選択します。
    - 用紙を綴じるときに必要な余白を[とじしろ]で設定します。

    オプション設定画面

  4. [OK] をクリックします。

  5. [プリント] をクリックします。

    印刷を実行すると、まず用紙の片側の面が印刷されます。印刷が終わると、もう一方の面を印刷するためのメッセージが表示されます。メッセージの手順にしたがって用紙をセットし直し、メッセージ画面上の [OK] をクリックします。
注意:
冊子印刷は、[用紙の種類] で普通紙を選んだ場合に使用できます。
フチなし全面印刷が設定されているときは、冊子印刷の機能は使用できません。
片側の面の印刷を終えて、もう一方の面の印刷を再開するときは、メッセージ画面上の [OK] をクリックしてください。プリンタ本体のボタンは操作しないでください。
写真などのインクを多く使う画像は、裏写りしたり、用紙が波打って印刷面をこすったりするため、冊子印刷には適していません。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP1500 / PIXUS iP2000 / PIXUS iP3100 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S200 / BJ S300 / BJ S330 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW

 

[TOP▲]
このページのトップへ