画面上では青色なのに紫がかって印刷される(Windows3.1/95/98/Me)



画面上では青色なのに紫がかって印刷される(Windows3.1/95/98/Me)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023800



■概要

先ずはじめにBJプリンタのプリントヘッドが正常かどうかをご確認ください。
プリントヘッドの状態は、ノズルチェック、テストプリントで確認できます。

プリントヘッドに異常が見られない場合は、色調整を行う必要があります。
ディスプレイに表示されている青色を青色で印刷するには、プリンタドライバで色補正をかけることが有効になります。
プリンタドライバで色補正を行う設定は、プリンタドライバによって異なりますので、詳しくは詳細情報をご参照ください。



詳細情報:
  1. プリントヘッド(印字ヘッド)が詰まっていませんか?
  2. Windows95/98/Meでプリンタドライバの色補正機能を使用してみる(BJプリンタドライバVer6.xx以前)
  3. Windows3.1でプリンタドライバの色補正機能を使用してみる

【詳細1】プリントヘッド(印字ヘッド)が詰まっていませんか?

プリントヘッド(印字ヘッド)が目詰まりを起こしている可能性があります。
プリント ヘッド(印字ヘッド)に目詰まりが生じると、ドットぬけ(白筋など)が発生したり、場合によっては罫線にずれが生じるなどの不具合が発生します。

■対処方法

  1. クリーニング動作を4、5回(BC-10、BC-11e使用機種は1、2回)行います。

    クリーニング動作を行った後はノズルチェックパターンを印刷し、回復しているかをご確認ください。
    回復しない場合は、2をお試しください。

    ノズルチェック印刷方法につきましては、関連情報を参照ください。
     
     
  2. ヘッドリフレッシングの機能がある機種は、ヘッドリフレッシングを2回程度お試しください。

    ※ 不必要なヘッドリフレッシングは避けてください。
     (ヘッドリフレッシングは、ヘッドクリニーニングに比べ多くのインクを消費します。)
戻る

【詳細2】Windows95/98/Meでプリンタドライバの色補正機能を使用してみる(BJプリンタドライバVer6.xx以前)

■BJラスタドライバVer5.20〜Ver6.xxのプリンタドライバを使用している場合

※ここでは、BJ F300を例に説明しています。

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]を選択します。
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]を選択します。

    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
  3. [メイン]タブ→[オートパレット詳細]ボタンをクリックします。

    プリンタドライバのプロパティ(メイン)
     
  4. [色設定]タブをクリックし、[色補正]にチェックを入れます。
     
  5. マッチング方法を「グラフィクス」に設定します。

    色設定

   

■BJラスタドライバVer3.7x、Ver4.xxのプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバの[オートパレット詳細]→[色設定]の中で「カラー補正」にチェックを入れ、[マッチング方法]を「グラフィックス」に設定することにより、、プリンタドライバ側で色補正処理を行い、青味が強く印刷されます。

 

■BJラスタドライバVer3.2x〜3.4xのプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバの[印刷目的設定]の中で「カラー補正」にチェックを入れ、[マッチング方法]を「グラフィックス」に設定することにより、プリンタドライバ側で色補正処理を行い、青味が強く印刷されます。

 

BJラスタドライバVer3.xx以前のプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバの[オプション]メニューの「カラーバランス」のM(マゼンダ)の値を減らし、C(シアン)の値を増やすことで青みが強くなります。

 

■Windows95専用ラスタドライバVer1.1xのプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバのプロパティを開き、[メイン]→[詳細設定(O)]を選択します。[色設定]タブの「カラー補正」にチェックを入れ、[マッチング方法]を「グラフィクス」に設定することにより、プリンタドライバ側で色補正処理を行い、青味が強く印刷されます。

 

※色味を変更する機能を持ったアプリケーションソフトをお使いの場合は、ソフト側で青色を強く設定してみてください。

戻る

【詳細3】Windows3.1でプリンタドライバの色補正機能を使用してみる

■BJラスタドライバVer5.20〜のプリンタドライバを使用している場合

  1. プリンタドライバの[オートパレット詳細]→[色設定]タブをクリックします。

    プリンタドライバ
     
  2. [マッチング方法]で「グラフィックス」を選択する

    [色設定]タブの中の「色補正」にチェックを入れ、[マッチング方法]を「グラフィックス」に設定します。

    オートパレット詳細

    ※ 図は初期画面です。

 

■BJラスタドライバVer3.7x、Ver4.xxのプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバの[オートパレット詳細]→[色設定]の中で「カラー補正」にチェックを入れ、[マッチング方法]を「グラフィックス」に設定することにより、、プリンタドライバ側で色補正処理を行い、青味が強く印刷されます。

 

■BJラスタドライバVer3.2x〜3.4xのプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバの[印刷目的設定]の中で「カラー補正」にチェックを入れ、[マッチング方法]を「グラフィックス」に設定することにより、プリンタドライバ側で色補正処理を行い、青味が強く印刷されます。

 

BJラスタドライバVer3.xx以前のプリンタドライバを使用している場合

プリンタドライバの[オプション]メニューの「カラーバランス」のM(マゼンダ)の値を減らし、C(シアン)の値を増やすことで青みが強くなります。

 

※色味を変更する機能を持ったアプリケーションソフトをお使いの場合は、ソフト側で青色を強く設定してみてください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

BJ 50v Ti / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F8500 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW / BJC-35v / BJC-35vII / BJC-50v / BJC-80v / BJC-210J / BJC-240J / BJC-250J / BJC-250JU / BJC-400J / BJC-410J / BJC-420J / BJC-430J / BJC-430J Lite / BJC-430JD Lite / BJC-430J USB / BJC-440J / BJC-455J / BJC-465J / BJC-600J / BJC-680J / BJC-700J / BJC-820J / BJC-5500J

 

[TOP▲]
このページのトップへ