ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-820J)



ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-820J)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000023962



詳細情報:
  1. ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-820J)

【詳細1】ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-820J)


BJC-820Jのプリントヘッドクリーニングは「クリーニングA」「クリーニングB」「フラッシング」の3種類があります。

■クリーニングA

文字がかすれたり、白い横線が出るときに行います。

●操作方法

  1. 「オンライン」キーを押し、オフライン状態にします。
     
     
  2. 「メニュー」キーを2回押します。
     
    「クリーニング」が表示されます。
     
     
  3. 「実行」キーを押します。
     
    「クリーニングA」と表示されます。
     
     
  4. 「実行」キーを押します。

「クリーニングチュウ」と表示され、クリーニングAが実行されます。約15秒で終了します。

 

■クリーニングB

長時間プリンタを使用しなかった場合や、クリーニングAを数回行っても印字が正常に回復しない時に行います。

●操作方法

  1. 「オンライン」キーを押し、オフライン状態にします。
     
     
  2. 「メニュー」キーを2回押します。
     
    「クリーニング」を表示されます。
     
     
  3. 「実行」キーを押します。
     
    「クリーニングA」と表示されます。
     
     
  4. 「メニュー」キーを1回押します。
     
    「クリーニングB」と表示されます。
     
     
  5. 「実行」キーを押します。
     
    「クリーニングチュウ」と表示され、クリーニングBが実行されます。約40秒で終了します。

※ クリーニング終了後に続けて印刷をするときは「オンライン」キーを押してオンライン状態にしてください。

 

■フラッシング

印刷した用紙の左端に白い極細の筋が入る場合や、印刷物の横方向に波のようなうねりが出る場合に行います。
クリーニングBを行っても印字品位が回復しない場合に行います。

●操作方法

  1. プリンタの電源をいったん切ります。
     
      
  2. 「オンライン」キー、「実行」キー、「<」(左矢印)キーを同時に押しながら電源を入れ、表示パネルに■(四角)が表示されるまで2〜3秒間キーを押し続けてからキーを離します。
     
    「フラッシングチュウ」と表示されフラッシングが実行されます。約4分で終了します。

※ 不必要なフラッシングは避けてください。
  (ヘッドリフレッシングは、ヘッドクリニーニングに比べ多くのインクを消費します。)

※ フラッシング終了後に「シバラクオマチクダサイ」と表示された場合は、プリント再開まで1〜2分程度お待ちください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

BJC-820J

 

[TOP▲]
このページのトップへ