バッテリの充電方法(PIXUS 50i)



バッテリの充電方法(PIXUS 50i)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024227



■概要

PIXUS 50iをバッテリで使用する場合は、オプションのクレードルキットが必要となります。
クレードルキットの充電方法につきましては、詳細情報をご参照ください。

 

■クレードルキット

クレードルキット「CK-51」●商品構成
  • クレードル(縦置き台)

    バッテリチャージャーを取り付けた Pixus50iを立てかけるケースです。
    プリンタをセットして、クレドールにユニバーサルACアダプタを接続すると、バッテリパックを充電することができます。
     
  • バッテリチャージャー

    リチウムイオンバッテリをセットして充電するためのケースです。
    また充電したバッテリ(リチウムイオンバッテリをバッテリチャージャーにセットしたもの)をプリンタ本体にセットして、 電源がないところでプリンタを使用することができます。
     
  • リチウムイオンバッテリ LB-51

    バッテリの本体です。バッテリチャージャーの中にセットして充電を行ないます。


詳細情報:
  1. バッテリチャージャーで充電する場合
  2. バッテリチャージャーとクレードルで充電する場合

【詳細1】バッテリチャージャーで充電する場合
  1. ユニバーサルACアダプタの電源プラグをコンセントに奥までしっかり差し込みます。

  2. ユニバーサルACアダプタのDCプラグをバッテリチャージャーのACアダプタ接続部に奥までしっかり差し込みます。
     

    ACアダプタ接続部(バッテリチャージャー)

    (ご注意)
    バッテリチャージャーにユニバーサルACアダプタを差し込む前に、必ずバッテリパックをバッテリチャージャーに取り付けておいてください。
    ユニバーサルACアダプタを取り付けた状態でバッテリパックの取り付けや取り外しを行うと、充電が始まらない場合があります。
    その場合はユニバーサルACアダプタを一旦抜いて、再度差し込んでください。
     

     

  3. チャージランプ3個が同時に点滅し始め、バッテリパックの充電が始まります。
     
    チャージランプ

    チャージランプ(バッテリチャージャー)

     
    バッテリ残量が空の状態からバッテリパックの容量がいっぱいになるまでに、約2時間かかります。
    バッテリパックを充電しながらプリンタを使うことができますが、印刷中には充電が中断されますので、印刷している時間だけ充電時間が長くなります。
戻る

【詳細2】バッテリチャージャーとクレードルで充電する場合
  1. ユニバーサルACアダプタの電源プラグをコンセントに奥までしっかり差し込みます。
     
     
  2. ユニバーサルACアダプタのDCプラグをクレードルのACアダプタ接続部に奥までしっかり差し込みます。
     
    ACアダプタ接続部

    ACアダプタ接続部(クレードル)

     

  3. プリンタにバッテリを装着した状態でクレードルにセットします。
     
    バッテリをクレードルに装着

    チャージランプ3個が同時に点滅し始め、バッテリパックの充電が始まります。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS 50i

 

[TOP▲]
このページのトップへ