バックグラウンド印刷時、「BJメタファイルが削除されます」と表示される



バックグラウンド印刷時、「BJメタファイルが削除されます」と表示される
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024231



■現象

印刷時に「BJメタファイルは削除されます。」エラーが表示される。

 

■原因

バックグラウンド印刷時、何らかの原因で印刷中にコンピュータがハングアップしたりすると、スプールデータ(BJメタファイル)が削除されずに残ってしまう事があります。スプールデータが残っていると次の印刷時に「XXXは正常に終了していません。再度印刷を行いますか?キャンセル を実行するとBJメタファイルは削除されます。」とエラーが表示されます。

XXXは印刷時のアプリケーションソフト名、ファイル名。
BJプリンタドライバのバックグラウンド印刷機能を使用して印刷すると、BJプリンタドライバは一時的に印刷データをコンピュータのハードディスク上に「BJメタファイル」として保存します。BJメタファイルは、BJプリンタ独自の機能(スタンプ機能等)を使う際に必要となります。

 

■対処方法

  1. 上記エラーが表示されたら、場合に応じて[キャンセル]ボタンか[OK]ボタンを選択します。

    • 印刷できなかったデータをキャンセルして、今回印刷したデータのみを印刷する場合

      →[キャンセル]ボタンをクリックします。

    • 印刷できなかったデータを印刷してから、今回印刷したデータも印刷する場合

      →[OK]ボタンをクリックします。

      ※ 印刷を最初からやり直したい場合は[キャンセル]ボタンをクリックしてください。

  2. バックグラウンド印刷を使用しないで印刷します。

    プリンタドライバの「バックグラウンド印刷」のチェックを外して、バックグラウンド印刷を行わずに印刷してください。
バックグラウンド印刷をオフに設定すると、部数設定、ページレイアウト、フォトデータ補正機能など、一部の機能が使用できなくなります。
バックグラウンド印刷の設定方法の詳細につきましては、関連情報をご覧ください。


関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP4100R / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ 50v Ti / BJ-30v / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F8500 / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S200 / BJ S300 / BJ S330 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW / BJC-35v / BJC-35vII / BJC-50v / BJC-80v / BJC-210J / BJC-240J / BJC-250J / BJC-250JU / BJC-400J / BJC-410J / BJC-420J / BJC-430J / BJC-430J Lite / BJC-430JD Lite / BJC-430J USB / BJC-440J / BJC-455J / BJC-465J / BJC-600J / BJC-700J / BJC-820J / BJC-5500J

 

[TOP▲]
このページのトップへ