インクタンクの保護テープ、保護キャップを外すときの注意



インクタンクの保護テープ、保護キャップを外すときの注意
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024530



詳細情報:
  1. インクタンクの保護テープ、保護キャップを外すときの注意

【詳細1】インクタンクの保護テープ、保護キャップを外すときの注意

■概要

BCI-3e系、BCI-5系、BCI-6系、BCI-7/7e系のインクタンクには、図のようなL字形の空気穴(大気連通口)があります。

このL字型の空気穴が保護テープや指などでふさがれた状態でインクタンクの保護キャップを取り外しますと、インクタンクからインクが漏れることがあります。

 

インクタンクから保護テープ、保護キャップを取り外す際には、つぎの手順にしたがって操作を行ってください。

■操作手順

    1. 新しいインクタンクを袋から取り出し、オレンジ色の保護テープを矢印の方向に引っぱります。




      ※保護テープは、空気穴に保護フィルムが残らないようきれいにはがしてください。

        <1> 正常にはがれている状態
        <2> 正常にはがれていない状態

    2. 図のようにインクタンクを持ち、保護キャップを矢印の方向にひねって取り外します。
      このとき指でインクタンクのL字片の空気穴をふさがないようにしてください。また、インクタンクの両サイドから力を加えないようご注意ください。


■注意

  • 保護キャップを外したあと、インクの出口には触れないでください。
  • インクタンクをふったり落としたりしないでください。インクがもれて服や手を汚すことがあります。
  • 一度外した保護キャップは再装着しないでください。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP3100 / PIXUS iP3300 / PIXUS iP3500 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP4200 / PIXUS iP4300 / PIXUS iP4500 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP7500 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iP9910 / PIXUS Pro9000 / PIXUS iX5000 / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F8500 / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700

 

[TOP▲]
このページのトップへ