Windows98でUSBドライバを削除する方法



Windows98でUSBドライバを削除する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024729



詳細情報:
  1. USBドライバを「アプリケーションの追加と削除」から削除する方法
  2. USBドライバを「cleanup.exe」で削除する方法

【詳細1】USBドライバを「アプリケーションの追加と削除」から削除する方法

IFC-USBのWindows98 USBドライバは、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」から削除してください。

■アンインストール手順

  1. USBパラレル変換ケーブルをパソコンから外す

  2. マイコンピュータから「コントロールパネル」ウインドウを表示させる

  3. 「コントロールパネル」の [アプリケーションの追加と削除]アイコンをダブルクリックする

  4. プロパティシートから「セットアップと削除」を選択する

  5. リストボックスから「Canon USB Adapter Device」を選択して「追加と削除」ボタンをクリックする

  6. 「ファイル削除の確認」ダイアログが表示されるので、「はい」をクリックする

  7. 「再起動の確認」ダイヤログが表示されたら、「はい」をクリックしてパソコンを再起動する
戻る

【詳細2】USBドライバを「cleanup.exe」で削除する方法

IFC-USBのWindows98 USBドライバは、通常コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」から削除しますが、万一正しく削除できない場合は、「cleanup.exe」を使用して削除することができます。

■アンインストール手順

1.USBドライバが入っているフォルダを開く

2.「cleanup.exe」をダブルクリックして起動する

「削除の確認」ダイヤログが表示されます。

3.削除を実行する

[はい]をクリックして削除を実行します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F600 / BJ F6000 / BJ F800

 

[TOP▲]
このページのトップへ