Windows95/98/Meで印刷を行うと「LPT1への書き込みエラー」が表示される



Windows95/98/Meで印刷を行うと「LPT1への書き込みエラー」が表示される
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024759



■現象

  • 印刷すると「LPT1への書き込みエラー」が表示される

■対処方法

詳細情報1〜14をご確認ください。



詳細情報:
  1. プリンタが印刷できる状態になっていますか?
  2. 用紙が正しくセットされていますか?
  3. プリンタケーブルを接続していますか?/差し込みがゆるくなっていませんか?
  4. 切り替え器を外してみる
  5. プリンタ単体でテストプリントが印刷できますか?
  6. プリンタドライバを再インストールしてみる
  7. スプールの設定/バックグラウンド印刷機能を外してみる
  8. LPT1ポートは正常に動作していますか?
  9. WPSドライバがインストールされていませんか?
  10. 双方向通信機能を解除してみる
  11. プリンタのインタフェース設定が「パラレル」以外に設定されていませんか?(BJ-220J/220JIIシリーズ/BJC-800シリーズ/5500J)
  12. ローカルポートの「ECPプリンタポート」を解除してみる
  13. コンピュータ本体のローカルポートがBIOS(バイオス)上で「ECPプリンタポート」に設定されている(DOS/Vパソコン)
  14. ケーブルに障害が発生している

【詳細1】プリンタが印刷できる状態になっていますか?

何らかの原因で、プリンタ側が印刷可能な状態になっていないことが考えられます。
下記原因をご確認いただき、再度印刷をお試しください。

■主な原因

  • プリンタの電源が入っていない
  • オンラインが消灯している(オン/オフがプリンタ側で切り替えられる機種)
  • プリンタ本体でエラーが発生している
    給紙不良や紙詰まりが起きている
    カートリッジがホームポジションに戻っていない
    プリンタ内部エラー  など

■対処方法

  1. プリンタの電源が入っていない場合は、電源をONにしてください。

  2. エラーが発生している場合は、エラーの内容を確認し対処してください。

    ※エラー内容につきまして詳しくは、関連情報を参照ください。

  3. プリンタを初期状態に戻すために、電源が入っている場合は、一旦電源を切ってください。その後、電源コンセントの抜き差しを行い、再度電源を入れてください。
戻る

【詳細2】用紙が正しくセットされていますか?

用紙が正しくセットされているかをご確認ください。
用紙をセットしていなかったり、正しくセットされていない場合は、用紙を正しくセットした後に印刷を行ってください

戻る

【詳細3】プリンタケーブルを接続していますか?/差し込みがゆるくなっていませんか?

プリンタケーブルが接続されているかをご確認ください。
接続されている場合は、きちんと奥まで差し込まれているかどうか、ゆるくなっていないか、抜けかかっていないかをご確認ください。
また、接触の不具合が起因していることも考えられますので、ケーブルの抜き差しをお試しください。

USBハブをご使用の場合は、プリンタとパソコンを直接接続してご確認ください。

戻る

【詳細4】切り替え器を外してみる
切り替え器、もしくはスキャナ、ZIPドライブなどの周辺機器をご使用の場合は、それらの機器を外し、パソコンとプリンタを直接つないで現象が回避できるかをお試しください。
切り替え器などを外して正常に動作する場合は、切り替え器、周辺機器を使用することにより[パソコン]−[プリンタ]間のやり取りが正常に行われていないことが考えられます。
プリンタ本体については問題ないと思われますので、ご使用の切り替え器、周辺機器メーカーへお問い合わせください。
戻る

【詳細5】プリンタ単体でテストプリントが印刷できますか?

プリンタケーブルをコンピュータから外し、プリンタ単体でテストプリントを印刷して正常に印刷できるかどうかをお試しください。
プリンタ単体でのテストプリントが正常であれば、プリンタ本体以外の原因が考えられます。
逆にプリンタ単体でのテストプリントが正常に印刷できない場合は、プリンタ本体に原因があると思われますので、メンテナンスをお勧め致します。

戻る

【詳細6】プリンタドライバを再インストールしてみる

現在使用しているプリンタドライバに、不具合が発生している可能性があります。

現在インストールされているプリンタドライバをアンインストール(削除)し、再度プリンタドライバをインストールして現象が回避できるかどうかをお試しください。

プリンタドライバを再インストールする場合は、最新ドライバのインストールをお勧めします。
最新のプリンタドライバにつきましては、下記サイトにて提供しております。

http://cweb.canon.jp/e-support/software/index.html

インターネットからダウンロードしたプリンタドライバをインストールしている場合は、ダウンロードが正常に行われていない可能性もありますので、その場合はダウンロードのやり直しをお勧めします。
戻る

【詳細7】スプールの設定/バックグラウンド印刷機能を外してみる

Windowsのスプール設定、BJラスタドライバのバックグラウンド印刷を設定せずに印刷を行い、現象が回避できるかをお試しください。

■Windowsのスプール設定の解除方法

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。

    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. [詳細]タブをクリックします。
     
     
  4. [スプールの設定]ボタンをクリックします。
     
     
  5. [プリンタスプールの設定]画面で「プリンタに直接印刷データを送る」をチェックします。

 

■BJラスタドライバのバックグラウンド゛印刷機能の解除方法

BJラスタドライバのバージョンによって、バックグラウンド印刷の解除方法が異なります。

●Ver7.xx以降を使用している場合

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。
     
    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. [ページ設定]タブをクリックします。
     
     
  4. [プリンタ制御]ボタンをクリックします。
     
     
  5. 「バックグラウンド印刷」のチェックを外します。

 

●Ver6.xxを使用している場合

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。

    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. [ページレイアウト]タブをクリックします。
     
     
  4. 「バックグラウンド印刷」のチェックを外します。

 

●Ver4.xx〜Ver5.xxを使用している場合

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。
     
    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. [印刷制御]タブをクリックします。
     
     
  4. 「バックグラウンド印刷」のチェックを外します。

 

●Ver3.xxを使用している場合

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. プリンタアイコンをクリックし、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。

    プリンタドライバのプロパティが開きます。
     
     
  3. 「詳細」タブをクリックします。
     
     
  4. [プリンタの設定]ボタンをクリックします。
     
     
  5. 「バックグラウンド印刷」のチェックを外します。
戻る

【詳細8】LPT1ポートは正常に動作していますか?

※ この詳細につきましては、パラレル接続に対応しているBJプリンタを対象としております。

以下の手順で、コンピュータのプリンタポート(LPT1ポート)が正常に動作しているかをご確認ください。

■LPT1ポートの動作を確認する手順

  1. Windows95/Windows98/WindowsMeの[マイコンピュータ]→[コントロールパネル]→[システム]をダブルクリックして開き、「デバイスマネージャ」タブをクリックします。
     
     
  2. [ポート(COM/LPT1)]の中の[プリンタポート(LPT1)]をダブルクリック し、「プリンタポート(LPT1)」のプロパティを開きます。

    プリンタポート(LPT1)のアイコンに、[×]マークや[!]マークが付いている場合は、プリンタポートが正常動作しておりません。
    その場合は、コンピュータメーカーへお問い合わせください。
     
     
  3. [情報]タブと[リソース]タブでポートの状態を確認します。
    • [情報]タブの[デバイスの状態]欄で異常が発生していないかを確認します。
    • [情報]タブの[デバイスの使用]欄の「OriginalConfiguration」にチェックが入っているかを確認します。
      (Windowsのバージョンによっては、この設定はありません。)
    • [リソース]タブの[競合するデバイス]欄に競合するデバイスがないかを確認します。

    デバイスの状態または競合するデバイスに異常が見られる場合は、LPT1ポートが正常に動作していません。
    その場合は、パソコンメーカーへお問い合わせください。

戻る

【詳細9】WPSドライバがインストールされていませんか?

WPSドライバがインストールされていると、常にWPSドライバがプリンタポートをチェックします。そのため、プリンタが反応しカートリッジが動作したり、印刷が正常に行えない場合があります。
また、場合によっては「LPT1に書込めませんでした」というメッセージが表示されることもあります。

※ WPSドライバ:Windows Printing Systemドライバ

米マイクロソフトが提唱した、Windows上での印刷環境を向上させるためのソフトウエア。

第1の特徴は、印刷イメージをパソコン側ですべて生成するか、プリンター側にWindowsのグラフィックス描画機構のGDIを搭載することで、画面表示とまったく同じ印刷結果が得られるようになっています。

第2の特徴は、パソコンとプリンターの間で双方向通信を行うことで、紙詰まりや印刷終了などプリンターの状況をパソコン側で確認できるようになっています。

 

■対処方法

WPSドライバの印刷先を「FILE」に変更し、パソコンを再起動して現象が回避できるかをお試しください。

使用していないWPSドライバがインストールされている場合は、削除することをお勧めいたします。
WPSドライバはプリンタアイコンを削除するだけでは、完全には削除されませんので、アンインストーラを使用して削除してください。アンインストーラがない場合は、WPSドライバの提供元へ削除方法をお問い合わせください。
戻る

【詳細10】双方向通信機能を解除してみる

何らかの原因(プリンタポートの設定、転送モードなど)によって、パソコンの双方向通信機能が正常に動作していない可能性があります。

プリンタドライバのプロパティから双方向通信機能を解除することにより、現象が回避できるかをお試しください。

※ 双方向対応BJプリンタではステータスモニタが機能しなくなりますので、ご注意ください。

■双方向通信機能を解除する方法

  1. プリンタドライバのプロパティを開きます。
     
     
  2. [プリンタスプールの設定]ダイヤログボックスを開きます。
     
     プリンタドライバのプロパティの「詳細」のタブから[スプール設定]ボタンで「プリンタスプールの設定」ダイヤログボックスを開きます。
     
     
  3. 「このプリンタの双方向通信機能をサポートしない」にチェックを入れます。

※ 双方向通信機能の設定/解除方法の詳細につきましては、関連情報もご参照ください。

戻る

【詳細11】プリンタのインタフェース設定が「パラレル」以外に設定されていませんか?(BJ-220J/220JIIシリーズ/BJC-800シリーズ/5500J)

BJC-220J/220JIIシリーズ/800シリーズ/5500Jは、プリンタ本体のインタフェースの設定によっては、印刷データが転送されないことがあります。
設定については、機種により異なりますので、以下をご参照ください。

●BJ-220JC/JSの場合

プリンタ本体の「ショキセッテイ」メニューの中の「インターフェース」を「パラレル」に設定した後、リセットします。(リセットしなければとショキセッテイの項目は有効になりませんので、ご注意ください。)

●BJ-220JCII/JSIIの場合

プリンタ本体の「インターフェース」メニューを「パラレル」または「ジドウ」に設定してください。

●BJC-820Jの場合

プリンタ本体の「インターフェースセンタク」メニューを「パラレル」に設定してください。

●BJC-880Jの場合

プリンタ本体の「インターフェース」メニューを「セントロ」または「ジドウ 」に設定してください。

●BJC-5500Jの場合(オプションの拡張インターフェースボード使用時)

プリンタ本体のパネル設定から「ファンクション2」で「○」(パラレルインターフェース)または「○●」(インターフェース自動切換えON)に設定してください。設定方法の詳細につきましは、関連情報をご参照ください。

戻る

【詳細12】ローカルポートの「ECPプリンタポート」を解除してみる

コンピュータのプリンタポートがECPに設定されていると、正常に印刷できないことがあります。
プリンタポートのECPモードを解除し、通常のプリンタポートに設定してから、再度印刷をお試しください。
ECPの解除方法につきましては、コンピュータの取扱説明書をご覧ください。

■Windows95/Windows98/WindowsMe側でのECP設定の解除方法

※ 詳細につきましては、コンピュータメーカーへご確認ください。

  1. [スタート]→[設定(S)]→[コントロールパネル(C)]で、「コントロールパネル」を開きます。
     
     
  2. [システム]アイコンをダブルクリックして、「システムのプロパティ」を開きます。
     
     
  3. [デバイス マネージャ]タブをクリックし、「ポート(COM/LPT)」をダブルクリックします。
     
     
  4. ここで、「ECPプリンタポート(LPT1)」と表示されているか確認します。
     
    「プリンタポート(LPT1)」と表示されている場合は 、Windows側のECP設定は解除されています。

     

  5. [ECPプリンタポート(LPT1)]ボタンをクリックし、「プロパティ(R)」をクリックします。
     
     
  6. [ドライバ]タブをクリックし、「ドライバの変更(C)」をクリックします。
     
     
  7. [すべてのデバイスを表示(A)]をクリックします。
     
     
  8. 「製造元(M)」を「(スタンダードポート)」、「モデル(D)」を「プリンタポート」に設定し 、[OK]ボタンをクリックします。
     
     
  9. 「ECPプリンタポート(LPT1)のプロパティ」ダイアログボックスが表示されたのを確認し、[OK]ボタンをクリックします。
     
     
  10. 「システムのプロパティ」ダイアログボックスが表示されたのを確認し、[閉じる]ボタンをクリックします。
     
    コンピュータによっては、上記設定だけではなく、コンピュータ本体側でBIOS等の設定変更が必要な場合もあります。

     

●参考:ECP(extended capabilities port)とは

ECPとはコンピュータと、プリンタやスキャナなどをつなぐパラレルインタフェースの規格です。
マイクロソフト社とヒューレット・パッカード社が中心となって策定し、IEEE1284のモードのひとつとして標準化されました。データ転送速度は従来のセントロニクスの最大150KB/秒に比べ、2MB/秒と速くなっています。

通常、プリンタ側の初期設定は「ニブル」というパラレルインタフェースの規格に設定されています。
コンピュータ側のプリンタポートがECPプリンタポートになっているとパラレルインタフェースの規格がプリンタとコンピュータで異なるため、コマンドが正常に送られずに不具合が発生することがあります。

戻る

【詳細13】コンピュータ本体のローカルポートがBIOS(バイオス)上で「ECPプリンタポート」に設定されている(DOS/Vパソコン)

コンピュータの機種によっては、Windows上でプリンタポートの設定を通常のプリンタポートに設定しても有効にならず、コンピュータ本体のBIOS上で設定しなければ有効にならないものがあります。

そのようなコンピュータでは、BIOSからECPプリンタポートを通常のプリンタポートへ変更して印刷できるかをお試しください。
BIOSの設定方法は、コンピュータによって異なるため、詳細につきましては、コンピュータメーカーへご確認ください。

※BIOSとは、周辺機器の制御をするためのプログラムの事で、通常コンピュータの電源投入直後に起動することができます。

●参考:ECP(extended capabilities port)とは

ECPとはコンピュータと、プリンタやスキャナなどをつなぐパラレルインタフェースの規格です。
マイクロソフト社とヒューレット・パッカード社が中心となって策定し、IEEE1284のモードのひとつとして標準化されました。データ転送速度は従来のセントロニクスの最大150KB/秒に比べ、2MB/秒と速くなっています。

通常、プリンタ側の初期設定は「ニブル」というパラレルインタフェースの規格に設定されています。
コンピュータ側のプリンタポートがECPプリンタポートになっているとパラレルインタフェースの規格がプリンタとコンピュータで異なるため、コマンドが正常に送られずに不具合が発生することがあります。

戻る

【詳細14】ケーブルに障害が発生している

■原因

接続しているケーブルに障害が発生した可能性があります。

■対処方法

接続ケーブルを他のものに換えてみて、正常に印刷できるかどうかを確認してみてください。

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS 550i / PIXUS 850i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / BJ 50v Ti / BJ-10v / BJ-10vSelect / BJ-10vCustom / BJ-15v / BJ-10vLite / BJ-15vPro / BJ-30v / BJ-220JS / BJ-220JC / BJ-220JS II / BJ-220JC II / BJ-330J / BJ-300J / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F890 / BJ F8500 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M70 / BJ M70PW / BJC-35v / BJC-35vII / BJC-50v / BJC-80v / BJC-210J / BJC-240J / BJC-250J / BJC-250JU / BJC-400J / BJC-410J / BJC-420J / BJC-430J / BJC-430J Lite / BJC-430JD Lite / BJC-430J USB / BJC-440J / BJC-455J / BJC-465J / BJC-600J / BJC-610JW / BJC-620JW / BJC-680J / BJC-700J / BJC-820J / BJC-880J / BJC-5500J

 

[TOP▲]
このページのトップへ