Windows95/98/Me BJラスタドライバで双方向通信機能を利用するために必要な設定



Windows95/98/Me BJラスタドライバで双方向通信機能を利用するために必要な設定
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024772



■概要

Windows95/98/Meで双方向通信機能を設定する方法についてご案内します。

双方向通信機能の設定はプリンタドライバのプロパティを開き、[スプールの設定]画面で行います。
双方向通信機能を設定することにより、BJプリンタドライバのステータスモニターが使用できます。

<ご注意>
プリンタドライバの双方向通信を解除すると、インク残量などプリンタの状況(ステータス)が確認できなくなります。



詳細情報:
  1. Windows95/98/Meで双方向通信機能を利用/解除する方法

【詳細1】Windows95/98/Meで双方向通信機能を利用/解除する方法

■双方向通信機能を利用する/解除する

  1. [スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
     
     
  2. ご使用のプリンタアイコンを選択し、[ファイル]→[プロパティ]をクリックします。
     
     
  3. [詳細]タブを開き、[スプールの設定]ボタンをクリックします。

    詳細タブ
     
     
  4. [このプリンタで双方向通信機能をサポートする]にチェックを入れます。(利用する場合)
    [このプリンタの双方向通信機能をサポートしない]にチェックを入れます。(解除する場合)

    スプールの設定

  5. 設定が終了したら、[OK]ボタンで画面を閉じます。
設定を変更した場合は、Windowsを再起動してください。
再起動しない状態で使用した場合、設定が有効にならない場合があります。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP90 / PIXUS iP1500 / PIXUS iP2000 / PIXUS iP3100 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iP9910 / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ 50v Ti / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F8500 / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S200 / BJ S300 / BJ S330 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW / BJC-35vII / BJC-50v / BJC-80v / BJC-240J / BJC-250J / BJC-250JU / BJC-420J / BJC-430J / BJC-430J Lite / BJC-430JD Lite / BJC-430J USB / BJC-440J / BJC-465J / BJC-700J / BJC-5500J

 

[TOP▲]
このページのトップへ