USBインタフェース/セントロニクスインタフェースで印刷するときの違い



USBインタフェース/セントロニクスインタフェースで印刷するときの違い
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000024847



■概要

BJプリンタには、機種によりセントロニクスインタフェースとUSBインタフェースを内蔵しているものがあり、下記のような違いがあります。

 

■接続が容易

USBインタフェースでは、USBケーブルを使用してパソコンに接続しますが、セントロニクスインタフェースに比べプラグが小さいことから、簡単にが接続することができます。
また、USBインタフェースはホットプラグに対応しているため、パソコンの電源を入れたままプリンタを接続することが可能です。(例えば、ノート型プリンタなどでは、普段は机の引き出しなどにしまっておき、使用するときだけプリンタを取り出して使用するという使い方もできます。)

※ USBインタフェースにつきましては、関連情報もご参照ください。



関連情報:
  • USBとはどのようなポートでしょうか
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F890 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M70 / BJ M70PW

 

[TOP▲]
このページのトップへ