Tシャツ転写紙(TR-301)の転写の仕方



Tシャツ転写紙(TR-301)の転写の仕方
更新日 : 2014年1月16日
文書番号 : Q000024856



■概要

Tシャツ転写紙(TR-301)の使用方法についてご案内します。

詳細については、以下の内容をご参照ください。



詳細情報:
  1. 事前にご用意いただくもの
  2. Tシャツ転写紙への印刷の仕方
  3. アイロンによるTシャツなどへの転写の仕方
  4. 洗濯時と洗濯後の注意

【詳細1】事前にご用意いただくもの

Tシャツ転写紙の印刷および転写をするにあたっては、下記のものを事前にご用意ください。

  • Tシャツ転写紙 TR-301 A4
  • パソコン

  • インクジェットプリンタまたはインクジェット複合機

    インクジェット複合機をお使いの場合 : Tシャツ転写紙の利用はパソコンからの印刷のみとなります。
  • プリントしたい画像をデザイン/レイアウトするための機器およびソフト
  • 家庭用アイロン (最高温度で180℃以上になるもの)

    コードレスアイロンは、一定の熱量を保持できないため、こまめな蓄熱が必要です。
  • ハサミ
  • 綿または綿(50%以上)とポリエステルの混紡の白いTシャツや白い布

    色つきのTシャツや布について
    色付きのTシャツや布は転写しにくかったり、下地の色によって転写後に色味がかわる可能性があり、また、転写後はがれやすいため白いTシャツや白い布をお勧めします。
  • テーブルなど、表面が固く滑らかで傷や凹みのない耐熱性の台と、その台の上に敷くもの (新聞紙の夕刊程度のもの)


    新聞紙を敷く場合は、Tシャツなどが汚れる場合がありますから、その上に無地の布か紙を敷いてください。

※アイロンで熱を加えると同時にしっかり圧力を加える必要がありますので、アイロン台は絶対に使用しないでください。

戻る

【詳細2】Tシャツ転写紙への印刷の仕方
  1. このTシャツ転写紙はA4サイズ(210mm×297mm)です。デザインはこのサイズに収まるようにしてください。ご使用になるアプリケーションの種類は問いません。

  2. Tシャツ転写紙への印刷は、次の手順にしたがっておこないます。印刷後はなるべく早めにアイロンで転写してください。

 

■用紙のセットの仕方

  1. 複数枚印刷する場合でも、用紙は1枚ずつセットしてください。

  2. 転写紙のブルーの格子状の線が入っていない面(印刷面)に印刷するよう用紙をセットしてください。

  3. 転写紙がカールしている場合は、カールを直してから本体にセットしてください。カールしたままで印刷を行うと、紙詰まりの原因となります。

  4. 残った転写紙は再び袋の中に戻し、高温多湿・直射日光を避け、水平に置いて保管してください。

■プリンタの設定の仕方

  1. 用紙サイズ(A4サイズ)を確認します。

  2. メディアオプション(用紙の種類)は「Tシャツ転写紙」に設定してください。
    これはデザインをTシャツ転写紙の上に反転して印刷するためで、こうしておけば後にアイロンで転写した際、正しく元のデザインどおりに転写されます。 紙間選択レバーがある機種では、「厚紙」の位置(封筒のマーク)にセットしてください。

■印刷を実行します

Tシャツ転写紙に印刷した画像は、実際の色と多少異なって見えることがありますが、アイロンで転写を行うと、鮮やかな画像が得られます。

 

戻る

【詳細3】アイロンによるTシャツなどへの転写の仕方

INDEX
■アイロンをかける前の準備
■アイロンによるTシャツなどへの転写の仕方
■アイロンがけの手順

■アイロンをかける前の準備

  • 転写紙に印刷後、30分以上置いてから転写作業を開始してください。

  • 転写紙の余白部分は、あらかじめ切り取っておくと仕上がりがきれいになります。

  • プリント部分ギリギリにカットすると、アイロン部にインクがはみ出してTシャツなどが汚れることがありますので、5mm程度の余白を取ってカットしてください。

  • 複雑な形のものはできるだけ単純な形に切ってください。複雑なカットをすると、転写の作業がしにくくなる場合があります。

INDEXへ戻る

 

■アイロンによるTシャツなどへの転写の仕方

上手に転写するには、画像とTシャツの密着性がポイントとなります。密着性が弱いと、洗濯時に画像がはがれやすくなりますので、十分に熱と圧力が加わるよう、下記の手順にしたがい転写作業を行ってください。

1.

固くて丈夫な台を準備します。

 
アイロンをかける台は、表面が硬く平らで耐熱性があり、全体重をかけても大丈夫な強度が必要です。
 
台の上に新聞紙15枚程を置き、上に無地の紙か布を置き、その上にTシャツを置き、アイロンでシワを伸ばします。
 
家庭用のアイロン台はクッション性があるため画像の密着性が弱くなり、脚部の強度も不足ですので、使用しないでください。
 
 
2.
アイロンを加熱します。
 
アイロンを”最高温度”に設定し、加熱してください。
 
アイロンは最高温度で180℃以上になるものをご使用ください。
   
アイロンの温度が低いと、画像が十分転写されず、はがれやすくなります。
     
 
最高温度に達するまで、通常5分ぐらいはかかります。
 
スチームは必ず切っておいてください。(スチームを使用されますと、転写不良を起こす場合があります。)
 
アイロンが大変高温になりますので、火傷や火事のないように扱いには十分ご注意ください。
 
 
3.
Tシャツを台の上に置きます。
    台の上に置いた後、Tシャツの転写する面にアイロンをかけ、シワを伸ばしてください。また、その面に付着しているごみ等も除去してください。
 
シワがありますと、はがれの原因になります。
 
転写材は熱を加えると透明になりますので、転写後にごみが残り見えてしまいます。
     
4.
仮転写をします。
    転写紙をきれいになったTシャツの転写したい位置に、格子の線が上に見えるように置いてください。
    アイロンを用紙の中央から広がるようにかけてください。
     
     
 
     
 
仮転写の場合は、体重をかけずにアイロンの重さ程度に動かすだけで貼り付きます。
     
5.
仕上げ転写をします。
 
 
 
1.
アイロンが最高温度にセットされているか再確認してください。
 
アイロンによって最高温度にばらつきがあります。下記「最高温度の見分け方」を参考に、転写作業を行ってください。
 
アイロンの温度が低めに設定されていると、洗濯によってはがれる場合があります。
 
 
 
最高温度の見分け方
 
  最高温度が低めの場合
 
  仮転写をするで、1〜2回アイロンの重さ程度で動かしても、転写紙が浮いたままの状態である場合。
 
  →アイロンをかけるときは、念入りに熱と圧力をかけてください。
 
  最高温度が高めの場合
 
  仮転写をするで、1〜2回アイロンの重さ程度で動かすと、転写紙がぴったりくっついた状態である場合。
 
  →Tシャツ転写紙が焦げ付かないようにアイロンをかけてください。
 
 
 
2.
アイロンを格子の線にそって直線方向にかけてください。
 
両手をそえ全体重で強く押さえて動かしながら、1直線5〜10秒間でアイロンをかけてください。
 
1ヶ所で5秒以上アイロンを静止すると、焦げる場合がありますので、ご注意ください。
 
コードレスアイロンの場合、1直線が終わりましたら、必ず蓄熱を行ってください。
     
     
 
 
 
 
3.
全体にかけ終わりましたら、次にTシャツの向きを変え、同じようにアイロンをかけてください。(下図のように、同様の作業を4方向から行ってください。)
     
     
 
     
  4. つぎに、周囲にだけ再度アイロンをかけてください。
     
     
 
 
 
 
5.
最後に画像全体に凹凸がでないように、全体重でアイロンを用紙の中央から広がるようにかけてください。
     
     
 
 
 
 
Tシャツの両面に転写される場合は、反対面も同様に転写作業を行ってください。
     
 
6.
アイロンがけ後、転写紙が十分に冷めるまで約3〜5分お待ちください。
 
 
 
転写紙をはがせば、オリジナルTシャツのできあがりです。
 
 

■注意

 
アイロンがけは両手をそえて、全体重で圧力をかけながら移動してください。
 
特に転写紙の周囲は念入りに押さえてください。
 
アイロンの圧力が低いと画像が十分転写されず、はがれやすくなります。
 
お子様などでは圧力不足になる場合がありますので、必ず入らなくなった布等でお試しください。
 
お子様が作業される場合には、必ず保護者の方が付き添ってください。
     

INDEXへ戻る

 

■アイロンがけの手順

●転写時の注意事項

 
アイロン中またはアイロン直後は、Tシャツ転写紙が熱くなっています。やけどしないよう、注意してください。
 
 
 
すべての印刷部がきれいに転写されるためには、熱と圧力が全面に均等にかかるようにするのがコツです。均一にかけ られなかった場合、転写ムラが生じる場合があります。
 
 
 
ご使用のアイロンの機種によって、転写に必要な時間が異なります。アイロンの温度が低かったり、アイロンがけの時間が短かったり、アイロンがけの圧力が弱いと、洗濯を繰り返すうちに転写部分がTシャツからはがれる場合があります。十分な温度、時間、圧力で転写作業を進めてください。
 
 
 
アイロンの温度が高い場合や、転写対象の素材によっては、アイロン時間が長すぎると素材を焦がす恐れがあります。注意をしながら転写作業を進めてください。まずは練習のため、入らなくなった布で試されることをお勧めします。
 
 
 
用紙が十分に冷めてから、シートをはがしてください。用紙が冷めるまで、3〜5分程度お待ちください。
 
Tシャツの両面(前と後)に転写する場合は、両面の転写が終わってからシートをはがしてください。
 
 
 
シートをはがさずに長時間(半日以上)放置しないでください。
 
 
 
離型紙層をはがした後の転写部分には、絶対にアイロンをかけないでください。転写後のアイロンのかけ方については、次項の「洗濯時と洗濯後のご注意」をご参照ください。
 
 

 

INDEXへ戻る

 

戻る

【詳細4】洗濯時と洗濯後の注意

■洗濯のご注意

下記の注意にしたがって、洗濯機で洗濯してください。

  • Tシャツは1枚で、冷たい水を使って洗濯してください。このとき他の衣類と一緒にしないでください。

  • 手洗いは、しないでください。

  • Tシャツは裏返しにせず、表のまま洗濯してください。※表のままの洗濯は色映りを防ぐためです。

  • 洗剤は普通にご使用できます。ただし、漂白剤や柔軟剤は使用しないでください。

  • 洗濯後は、すぐに乾かしてください。

  • ドライクリーニングおよび乾燥機は使用しないでください。

  • 洗濯後、干す際にTシャツ転写部を引っ張らないでください。転写部が割れてしまうことがあります。

  • 転写部分には、防水スプレーやスプレー糊などを使用しないでください。

■洗濯後のアイロンについて

  • Tシャツなどの転写部分には、絶対にアイロンを直接かけないでください。アイロンをかける場合は同梱のアイロン用シートを転写部分にのせ、その上からかけてください。

  • アイロン用シートが汚れた場合は、使用しないでください。
    ※アイロン用シートは一度使用されますと、転写部のインクが付着する場合があります。インクが付いた場合は、再使用はしないでください。

  • 洗濯を繰り返すと、転写部にシワがよってくる場合があります。その場合、アイロン用シートを転写部にのせ、アイロンの重さで4〜5秒、軽くかけてください。生地と用紙が冷めてから(1〜2分)、シートをゆっくりはがしてください。転写部のシワがなくなります。

 

■その他の注意

  • 転写したTシャツは、ハードなスポーツ、急激に引っ張られるような用途には使用しないでください。

  • 万一、Tシャツ着用時または着用後、肌荒れなどを生じた際には着用をやめてください。

  • 著作権のある画像、写真などをプリント(転写)したものを、営利目的のために使用しないでください。

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP90 / PIXUS iP90v / PIXUS iP1500 / PIXUS iP1700 / PIXUS iP2000 / PIXUS iP2200 / PIXUS iP2500 / PIXUS iP3100 / PIXUS iP3300 / PIXUS iP3500 / PIXUS iP3600 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP4200 / PIXUS iP4300 / PIXUS iP4500 / PIXUS iP4600 / PIXUS iP4700 / PIXUS iP4830 / PIXUS iP4930 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP7230 / PIXUS iP7500 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iP8730 / PIXUS iP9910 / PIXUS mini260 / PIXUS mini220 / PIXUS Pro9000 MarkII / PIXUS Pro9000 / PIXUS PRO-100 / PIXUS iX5000 / PIXUS iX6530 / PIXUS iX6830 / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ 50v Ti / BJ-10v / BJ-10vSelect / BJ-10vCustom / BJ-15v / BJ-10vLite / BJ-15vPro / BJ-30v / BJ-220JS / BJ-220JC / BJ-220JS II / BJ-220JC II / BJ-330J / BJ-300J / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F8500 / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S200 / BJ S300 / BJ S330 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW / BJC-35v / BJC-35vII / BJC-50v / BJC-80v / BJC-210J / BJC-240J / BJC-250J / BJC-250JU / BJC-400J / BJC-410J / BJC-420J / BJC-430J / BJC-430J Lite / BJC-430JD Lite / BJC-430J USB / BJC-440J / BJC-455J / BJC-465J / BJC-600J / BJC-600S / BJC-610JW / BJC-620JW / BJC-680J / BJC-700J / BJC-820J / BJC-880J / BJC-5500J

 

[TOP▲]
このページのトップへ