MacOS Xドライバからのヘッド位置調整方法(PIXUS iP9910)



MacOS Xドライバからのヘッド位置調整方法(PIXUS iP9910)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025027



詳細情報:
  1. 手動でヘッド位置を調整する方法 (Mac OSX)

【詳細1】手動でヘッド位置を調整する方法 (Mac OSX)
手動でヘッド位置を調整する方法 (Mac OSX)

[ヘッド位置調整]は、プリントヘッドの取り付け位置の誤差を修正し、色ずれや印刷位置のずれなどの問題を解消します。
(注意)
・ケーブルの接続、プリンタの電源が[ON]になっていることを確認して以下の操作を行って下さい。
・印刷を行ってない事を確認してから、[BJ Printer Utility]を起動して下さい。
・CD-R トレイがセットされている場合は、取り外して下さい。
・排紙トレイがCD-R 印刷の位置にある場合は、排紙トレイを通常印刷の位置に戻して下さい。
(メモ)
プリントヘッドの位置の調整は、プリンタのリセットボタンを押しても行うことができます。プリンタドライバをコンピュータにインストールしていない場合は、必ず以下の手順でプリントヘッド位置を調整して下さい。
1 プリンタの電源が入っていることを確認します。
2 オートシートフィーダにA4またはレターサイズの普通紙を1 枚セットします。
3 リセットボタンを押し続け、電源ランプが4 回点滅したときに離します。ヘッド位置調整パターンが出力されます。印刷が終了するとプリントヘッド位置が自動的に調整されます。


1.[BJ Printer Utility]を起動します。
(メモ)
BJ Printer Utilityの起動方法は、別途[BJ Printer Utilityを開く方法]を参照下さい。


2. まず手動で[ヘッド位置調整]を行う設定をします。
 ポップアップメニューより、[特殊設定]を選択してください。




3.[手動でヘッド位置を調整する]にチェックを入れて、[送信]ボタンをクリックします。




4.[実行]ボタンをクリックします。




5. 設定した内容が送信されます。




6. 以上で設定は終了です。
 次にポップアップメニューより、[テストプリント]を選択します。



7.[ヘッド位置調整]のアイコンをクリックします。




8. プリンタの給紙切り替えボタンで選択している方に、A4またはレターサイズの普通紙がセットされていることを確認して、[ヘッド位置調整]ボタンをクリックします。
(メモ)
・[設定の確認]ボタンをクリックすると、現在の調整値を印刷して操作を終了します。
・[給紙切り替え]ボタンで給紙方法を変更する手順については、別途[給紙方法を変更する方法(MacOSX)]を参照して下さい。



9. 電源ランプが点滅してヘッドクリーニングが開始され、ヘッド位置調整用のパターンが印刷されます。
 印刷が終了するまでは他の動作を行わないでください。



10. 印刷された用紙を見ながら、下記に示す10-1から10-4の手順に従ってください。

10-1. 実際に印刷されているA列のパターンの中から、最も縦スジの目立たないものを1つ選びます。
10-2. 選んだ番号を、画面右のA列のボックスに入力します。
10-3.A列と同じ要領で、その他の列にパターン番号を入力します。
10-4.番号の入力が完了したら[設定]ボタンをクリックします。




11. 設定した内容が送信されます。




12. 以上で操作は終了です。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP9910

 

[TOP▲]
このページのトップへ