MacOS Xドライバからのヘッドクリーニング操作方法(PIXUS iP1500)



MacOS Xドライバからのヘッドクリーニング操作方法(PIXUS iP1500)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025029



詳細情報:
  1. [ヘッドクリーニング]の操作方法(MacOSX)

【詳細1】[ヘッドクリーニング]の操作方法(MacOSX)
[ヘッドクリーニング]の操作方法(MacOSX)
 
プリントヘッドのノズルの詰まりを解消する為のクリーニングを行います。
(注)ケーブルの接続、プリンタの電源がONになっている事を確認して、以下の操作を行って下さい。
(注)クリーニングを頻繁に行うと、インクが早く消費されますのでご注意ください。
(注)印刷を行ってない事を確認してから、[BJ Printer Utility]を起動して下さい。
 
 
1.[BJ Printer Utility]を起動します。
(メモ)BJ Printer Utilityの起動方法は別途[BJ Printer Utilityを開く方法]を参照下さい。
 
 
2.ポップアップメニューで[クリーニング]を選択します。
 
 
 
 
3.[ヘッドクリーニング]のアイコンをクリックします。
 
 
 
 
4.[OK]ボタンをクリックします。
(注)ヘッドクリーニングはインクを消費します。
 
・電源ランプが点滅してプリントヘッドのクリーニングが開始されます。
 1分程度で終了するので、それまでは他の操作を行わないでください。
 
 
 
5.[ヘッドクリーニング]が開始されます。
 
 
 
 
6.ノズルチェックパターンを印刷して、プリントヘッドの状態を確認します。
 [確認パターン印刷]ボタンをクリックしてください。
(メモ)[確認事項]ボタンをクリックすると、ノズルチェックパターン印刷を行う前の確認事項が表示されます。
 
 
 
7.[ノズルチェックパターン印刷]が開始されます。
 
 
 
 
8.ノズルチェックパターンを確認します。
 印刷結果を確認して、以下の対処をして下さい。
・パターンに白いすじが無い場合(左側のパターン):
 [終了]ボタンをクリックしてノズルチェックパターンを終了して下さい。
・パターンに白いすじがある場合(右側のパターン):
 [クリーニング]ボタンをクリックして、ヘッドクリーニングを実行して下さい。
(メモ)クリーニング操作を3 回まで繰り返して行っても、改善されないときには、ヘッドリフレッシングを行ってください。
 
 
 
9.以上で操作は終了です。
 
 
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP1500

 

[TOP▲]
このページのトップへ