MacOS Xドライバからのノズルチェックパターン印刷操作方法(PIXUS iP1500)



MacOS Xドライバからのノズルチェックパターン印刷操作方法(PIXUS iP1500)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025030



詳細情報:
  1. MacOS Xドライバからのノズルチェックパターン印刷操作方法(PIXUS iP1500)

【詳細1】MacOS Xドライバからのノズルチェックパターン印刷操作方法(PIXUS iP1500)
[ノズルチェックパターン印刷]の操作方法(MacOSX)
 
プリントヘッドのノズルからインクが正常に出ている事を確認します。
(注)ケーブルの接続、プリンタの電源がONになっている事を確認して、以下の操作を行って下さい。
(注)印刷を行ってない事を確認してから、[BJ Printer Utility]を起動して下さい。
 
 
1.[BJ Printer Utility]を起動します。
(メモ)BJ Printer Utilityの起動方法は別途[BJ Printer Utilityを開く方法]を参照下さい。
 
 
2.ポップアップメニューで[テストプリント]を選択します。
 
 
 
 
3.[ノズルチェックパターン印刷]のアイコンをクリックします。
 
 
 
 
4.[確認パターン印刷]ボタンをクリックします。
(メモ)[確認事項]ボタンをクリックすると、ノズルチェックパターン印刷を行う前の確認事項が表示されます。
 
 
 
5.[ノズルチェックパターン印刷]が開始されます。
 
 
 
 
6.ノズルチェックパターンを確認します。
 印刷結果を確認して、以下の対処をして下さい。
 
・パターンに白いすじが無い場合(左側のパターン):
  [終了]ボタンをクリックして、ノズルチェックパターンを終了して下さい。
・パターンに白いすじがある場合(右側のパターン):
  以下の項目を確認し、[クリーニング]ボタンをクリックして、ヘッドクリーニングを実行して下さい。
(注)ヘッドクリーニングはインクを消費しますので必要な場合のみ行なってください。
(メモ)ヘッドクリーニングの操作方法は、別途[ヘッドクリーニングの操作方法(MacOSX) ]を参照して下さい。
 
 
 
7.以上で操作は終了です。
 
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP1500

 

[TOP▲]
このページのトップへ