MacOS X で「プリセット」機能を使用して印刷する方法



MacOS X で「プリセット」機能を使用して印刷する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025036



■概要

「プリセット」機能はプリンタドライバのダイアログを開かずに、アプリケーションのダイアログから適切な設定で印刷を行う機能です。
プリセットはアップルコンピュータ製のiPhoto等のプリセット機能に対応したアプリケーションで使用できます。

プリセットはBJプリンタドライバVer1.50以降でご使用いただけます。
最新のプリンタドライバにつきましては、下記ダウンロードサイトにて提供しております。

http://cweb.canon.jp/e-support/software/index.html

   

■プリセットの使用方法

※ ここではiPhotoを例に説明しています。

  1. [ファイル] メニューの [プリント...] を選択します。
     
     
  2. [プリセット]から目的に合ったプリセットをクリックします。
     
    プリセット選択
     
     
  3. [プリント]ボタンをクリックします。

    プリセットで設定した印刷設定で印刷されます。

  

■プリセットにより設定されるプリンタドライバの設定

各プリセットと実際に設定されるドライバ設定は、次のようになっています。

プリセット名 プリンタドライバの設定
用紙の種類 印刷設定 色補正
普通紙に写真をプリント  普通紙  一般的な文書を印刷  ColorSync
フォトペーパーに写真をプリント  プロフォトペーパー  一般的な文書を印刷 
フォトペーパーに写真をプリント - 高画質  プロフォトペーパー  写真をきれいに印刷 
マットペーパーに写真をプリント  マットフォトペーパー  一般的な文書を印刷 
マットペーパーに写真をプリント - 高画質  マットフォトペーパー  写真をきれいに印刷 

 

■プリセット使用時に確認されている現象と対処方法

現象 対処方法
iPhotoから印刷を行うと、赤が強く印刷される場合がある。
  1. [詳細オプション]ボタンをクリックして、メニューから「カラーオプション」を選択してください。
     
  2. [色補正]を「BJ標準」に設定して印刷してください。
プリセットを使用して印刷を行うとVIVIDフォトが有効にならない。 
  1. [詳細オプション]ボタンをクリックして、メニューから「カラーオプション」を選択してください。
     
  2. [色補正]を「BJ標準」に設定してください。
     
  3. [メニュー]から「特殊効果」を選択し、VIVIDフォトをONにして印刷してください。
詳細オプション選択後に、プリセットを変更すると印刷を行うことができない。 
  1. プリントセンターのジョブを削除してください。
     
  2. [詳細オプション]で設定を行った後は、プリセットを変更せずに、そのまま印刷を行ってください。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S330 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S700

 

[TOP▲]
このページのトップへ