Excel2002、Word2002、PowerPoint2002でオートシェープの図形の色を「半透明」に指定した場合、印刷するたびに色味が変わってしまう、色が抜ける



Excel2002、Word2002、PowerPoint2002でオートシェープの図形の色を「半透明」に指定した場合、印刷するたびに色味が変わってしまう、色が抜ける
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025122



■現象

OfficeXPのアプリケーションであるExcel2002、Word2002、PowerPoint2002において、オートシェープの図形の色を「半透明」に指定すると、印刷するたびに、色味が変わってしまう、色が付かない、色が抜ける。

※ Office2000のアプリケーションでは、本現象は発生しません。

 

■原因

Excel2002、Word2002、PowerPoint2002にて、オートシェープの図形の色が「半透明」の場合、アプリケーションからの図形パターンが印刷毎に反転しながら出力されます。
そのため、パターンが反転していることによって、色味に違いが出てしまいます。

 

■対処方法

以下のいずれかで回避可能です。

  1. プリンタドライバの印刷品位のハーフトーン設定を「誤差拡散」に変更することで改善される場合があります。

    誤差拡散の設定方法につきましては、Windowsの種類、機種により異なります。

    Windows98/Meで以下のBJプリンタをお使いの場合
    BJCシリーズ、BJ F890/F890PD/F900シリーズを除くBJ Fシリーズ、BJ Mシリーズ
    詳細2をご参照ください。

    ●上記以外
    詳細1をご参照ください。
     
     
  2. オートシェープの図形に設定している塗りつぶしのグラデーションを解除します。
    [オートフェイプの書式設定]→[色と線]タブを開き、[塗りつぶし]の[透過性]を0%に設定します。


詳細情報:
  1. プリンタドライバのハーフトーン設定で誤差拡散を設定する方法
  2. プリンタドライバのハーフトーン設定で誤差拡散を設定する方法(BJプリンタドライバVer6.xx)

【詳細1】プリンタドライバのハーフトーン設定で誤差拡散を設定する方法

■設定手順

ここでは、アプリケーションソフト上から誤差拡散を設定する方法についてご案内します。

※ 画面はWindowsXPの例です。

  1. アプリケーションソフトの[ファイル]→[印刷]をクリックします。
     
     
  2. 印刷画面が開いたら、[プロパティ]ボタンをクリックします。

    プリンタドライバの[基本設定]タブが開きます。

    カスタム
     
     
  3. [印刷品質]の[カスタム]にチェックを入れ、[設定]ボタンをクリックします。
     
     
  4. カスタム設定画面が開いたら、[誤差拡散]ボタンをクリックします。

    誤差拡散
     
     
  5. [OK]ボタンをクリックし、カスタム設定画面を閉じます。
     
     
  6. [OK]ボタンをクリックし、プリンタドライバのプロパティを閉じます。
     
     
  7. アプリケーションソフトの印刷画面まで戻ったら、[OK]ボタンをクリックして印刷を開始してください。
戻る

【詳細2】プリンタドライバのハーフトーン設定で誤差拡散を設定する方法(BJプリンタドライバVer6.xx)

※ この詳細については、Windows98/Meで以下のBJプリンタを対象にしています。

  • BJ F890/F890PD/F900/F930/F9000を除くBJ Fシリーズ
  • BJ Mシリーズ
  • BJC-35vシリーズ/BJC-50v/BJC-80v/BJC-200Jシリーズ/BJC-400Jシリーズ/BJC-600J/BJC-700J/BJC-820J/BJC-5500J

■設定手順

ここでは、アプリケーションソフト上から誤差拡散を設定する方法についてご案内します。

  1. アプリケーションソフトの[ファイル]→[印刷]をクリックします。
     
     
  2. 印刷画面が開いたら、[プロパティ]ボタンをクリックします。

    プリンタドライバの[メイン]タブが開きます。
     
     
  3. 画面下の[オートパレット詳細]ボタンをクリックします。
     
     
  4. オートパレット詳細画面が開いたら、[ディザリング]の[自動]のチェックを外します。

    自動のチェックを外す
     
     
  5. [誤差拡散]ボタンをクリックします。

    誤差拡散
     
     
  6. [OK]ボタンをクリックし、オートパレット詳細画面を閉じます。
     
     
  7. [OK]ボタンをクリックし、プリンタドライバのプロパティを閉じます。
     
     
  8. アプリケーションソフトの印刷画面まで戻ったら、[OK]ボタンをクリックして印刷を開始してください。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ 50v Ti / BJ F100 / BJ F200 / BJ F200u / BJ F210 / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F800 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F8500 / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S200 / BJ S300 / BJ S330 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S600 / BJ S630 / BJ S6300 / BJ S700 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW / BJC-35v / BJC-50v / BJC-80v / BJC-210J / BJC-240J / BJC-250J / BJC-250JU / BJC-400J / BJC-410J / BJC-420J / BJC-430J / BJC-430J Lite / BJC-430JD Lite / BJC-430J USB / BJC-440J / BJC-455J / BJC-465J / BJC-600J / BJC-700J / BJC-820J / BJC-5500J

 

[TOP▲]
このページのトップへ