Easy-PhotoPrint(v3.0.0以上)を起動するとOLE32.DLLエラーが表示される (Windows98/Me)



Easy-PhotoPrint(v3.0.0以上)を起動するとOLE32.DLLエラーが表示される (Windows98/Me)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025132



Easy-PhotoPrint(v3.0.0以上)を起動するとOLE32.DLLエラーが表示される (Windows98/Me)


Easy-Photo Print(v3.0.0以上)をコンピュータにインストールして起動すると下記のようなエラーが表示されて、Easy-Photo Printを使用できない場合があります。 そのような場合には、以下にご案内する対処方法をお試しください。


<表示されるエラー>
 
Windows98の場合 WindowsMeの場合


詳細情報:
  1. Easy-PhotoPrintを再インストールする
  2. 最新版のEasy-PhotoPrintにバージョンアップする

【詳細1】Easy-PhotoPrintを再インストールする
一度Easy-PhotoPrintをアンインストールしてからコンピュータを再起動し、 常駐アプリケーションを終了の上、再度Easy-PhotoPrintのインストールを行ってください。これでEasy-PhotoPrintが正常に起動する場合があります。
戻る

【詳細2】最新版のEasy-PhotoPrintにバージョンアップする
Easy-PhotoPrintの再インストールを行っても改善されない場合には、最新版のEasy-PhotoPrintをご使用の上、再度インストールをお試しください。

最新版のEasy-PhotoPrintは、下記キヤノンホームページにてダウンロードサービスで提供しております。

■インクジェットプリンタ:アプリケーションダウンロードサイト
http://cweb.canon.jp/e-support/software/index.html

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP90 / PIXUS iP90v / PIXUS iP1500 / PIXUS iP1700 / PIXUS iP2000 / PIXUS iP2200 / PIXUS iP2500 / PIXUS iP3100 / PIXUS iP3300 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP4200 / PIXUS iP4300 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP7500 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iP9910 / PIXUS Pro9000 / PIXUS Pro9500 / PIXUS iX5000 / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ F300 / BJ F360 / BJ F600 / BJ F610 / BJ F620 / BJ F660 / BJ F660V / BJ F6000 / BJ F6100 / BJ F6600 / BJ F850 / BJ F860 / BJ F870 / BJ F870PD / BJ F890 / BJ F890PD / BJ F900 / BJ F930 / BJ F9000 / BJ S200 / BJ S500 / BJ S530 / BJ S700 / BJ M40 / BJ M70 / BJ M70PW

 

[TOP▲]
このページのトップへ