DPP(Digital Photo Professional)でのカラーマッチング設定方法(印刷用プロファイル設定・プリンタドライバ設定)



DPP(Digital Photo Professional)でのカラーマッチング設定方法(印刷用プロファイル設定・プリンタドライバ設定)
更新日 : 2015年1月15日
文書番号 : Q000025153



概要
キヤノン製デジタル一眼レフカメラ用のRAWデータ現像アプリケーションソフト「Digital Photo Professional(DPP)」で[印刷時のカラーマッチング設定]機能を使い、プリンターのICCプロファイルを指定して印刷する方法をご案内いたします

 

参考

インクジェットプリンター・インクジェット複合機のICCプロファイルについて

キヤノンのインクジェットプリンター・インクジェット複合機では、プリンターの機種毎や用紙の種類毎、印刷品位設定毎に発色の特性が異なるため、それぞれの組み合わせで作成したICCプロファイルを提供しています。

用意されているICCプロファイルの名前は、[ Canon ] + [ プリンターの機種名 ] + [ 用紙の略称 ] + [ 印刷品位 ]で付けられています。

( 例 ) 
PIXUS iP4830 / 光沢プロ・プラチナグレードを使用する場合、提供しているICCプロファイルは以下の3種類です。
【 Canon iP4800 series PT1 】 【 Canon iP4800 series PT2 】 【 Canon iP4800 series PT3 】

各プロファイル名称の最後についている数字が印刷品位を表しており、数字が低くなるほど高品位の設定で印刷されます。


詳細情報:
  1. Windowsでのカラーマッチング設定方法
  2. Macでのカラーマッチング設定方法

操作方法
Windowsでのカラーマッチング設定方法

    ■Digital Photo Professionalから印刷用プロファイルを設定する

    例として[プリンター:Pro9500Mark2][用紙:キヤノン写真用紙・光沢ゴールド]を選択して印刷する手順をご案内いたします。

    1.Digital Photo Professionalを起動し、印刷する画像を選択します。
    2.[ツール]メニューの[環境設定]を選択します
    3.[環境設定]ダイアログボックスが表示されたら[カラーマネージメント]タブを選択します。
    4.[カラーマネージメント]タブ内の[印刷用プロファイル]から印刷時に使用するプリンタのICCプロファイルを選択します。
    5.[マッチング方法]で[知覚的]または[相対的な色域を維持]を選択します。
    参考
      マッチング方法は[知覚的]と[相対的]から選ぶことができます。
      好ましさを重視する場合には[知覚的]、忠実さを重視する場合には[相対的]を選びます。
      初期設定は[相対的]です。

    ■プリンタドライバの設定をする

    1.[ファイル]メニューの[印刷]を選択します
    2.[印刷]ダイヤログボックスが表示されたら[プリンタ名]でご利用のプリンター名を選択し、[プロパティ]ボタンをクリックします

    プリンターのプロパティ画面が表示されます
    3.プロパティ画面の[基本設定]シート上で[用紙の種類]と[印刷品質]を設定します。
    重要
    • DPPの[環境設定]画面で選択したプリンターのICCプロファイルと同じ設定にします。
      ※この例では[用紙の種類:写真用紙・光沢ゴールド]に設定します
    • 品位の設定は[印刷品質]で[ユーザー設定](もしくは[カスタム])を選び、[設定]をクリックして[ユーザー設定](もしくは[カスタム設定])から行います。
      ※この例では[品位:1]に設定します
    4.[色/濃度](もしくは[色調整])で[マニュアル調整]を選び、[設定]をクリックします。
    5.[マッチング]シートをクリックし、[色補正]を[しない]にします。

      以上で設定は完了です。必要に応じてドライバの他の機能設定を行い印刷を実行します。

戻る
Macでのカラーマッチング設定方法

    ■Digital Photo Professionalから印刷用プロファイルを設定する

    例として[プリンター:Pro9500Mark2][用紙:キヤノン写真用紙・光沢ゴールド]を選択して印刷する手順をご案内いたします。

    1.Digital Photo Professionalを起動し、印刷する画像を選択します。
    2.[Digital Photo Professional]メニューの[環境設定]を選択します。

    3.[環境設定]ダイアログボックスが表示されたら[カラーマネージメント]タブを選択します。
    4.[カラーマネージメント]タブ内の[印刷用プロファイル]から印刷時に使用するプリンタのICCプロファイルを選択します。

    5.[マッチング方法]で[知覚的]または[相対的な色域を維持]を選択します。

    参考
      マッチング方法は[知覚的]と[相対的]から選ぶことができます。
      好ましさを重視する場合には[知覚的]、忠実さを重視する場合には[相対的]を選びます。
      初期設定は[相対的]です。

     

    ■プリンタドライバの設定をする

    1.[ファイル]メニューの[プリント]を選択します。

    2.[プリント]ダイヤログボックスが表示されたら[プリンタ名]でご利用のプリンター名を選択します。

    3.[品位と用紙の種類]を選択し、[用紙の種類]と[印刷品位]を設定します。
    重要
    • [品位と用紙の種類]設定は、DPPの[環境設定]画面で選択したプリンターのICCプロファイルと同じ設定にします。
      ※この例では[用紙の種類:写真用紙・光沢ゴールド]に設定します
    参考
      OS10.5以降をご利用で[品位と用紙の種類]を選択する項目が表示されていない場合には、[プリンタ]左隣にある▼ボタンをクリックしてください。

    4.(OS10.4までをご利用の場合)[カラーオプション]を設定します。
    ※10.5以降をご利用の場合にはこの操作は必要ありません。
    プリンタドライバプロパティ上[カラーオプション]の[色補正]を[なし]にします。

     以上で設定は完了です。必要に応じてドライバの他の機能設定を行い印刷を実行します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP90 / PIXUS iP90v / PIXUS iP100 / PIXUS iP1500 / PIXUS iP1700 / PIXUS iP2000 / PIXUS iP2200 / PIXUS iP2500 / PIXUS iP2600 / PIXUS iP2700 / PIXUS iP3100 / PIXUS iP3300 / PIXUS iP3500 / PIXUS iP3600 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP4200 / PIXUS iP4300 / PIXUS iP4500 / PIXUS iP4600 / PIXUS iP4700 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP7500 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iP8730 / PIXUS iP9910 / PIXUS mini360 / PIXUS mini260 / PIXUS mini220 / PIXUS Pro9000 MarkII / PIXUS Pro9000 / PIXUS Pro9500 MarkII / PIXUS Pro9500 / PIXUS PRO-10 / PIXUS PRO-10S / PIXUS PRO-100 / PIXUS PRO-100S / PIXUS iX5000 / PIXUS iX6530 / PIXUS iX6830 / PIXUS iX7000 / PIXUS 50i / PIXUS 80i / PIXUS 320i / PIXUS 450i / PIXUS 455i / PIXUS 470PD / PIXUS 475PD / PIXUS 550i / PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 960i / PIXUS 990i / PIXUS 6100i / PIXUS 6500i / PIXUS 9100i / PIXUS 9900i / BJ 535PD / BJ 895PD / BJ F870PD / BJ F890PD

 

[TOP▲]
このページのトップへ