CD-RやDVD-Rに印刷するときの注意について



CD-RやDVD-Rに印刷するときの注意について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025168



CD-RやDVD-Rに印刷する際には、以下のことにご注意ください。

CD-R/DVD-Rは出来るだけ端を持ち、ラベル面(印刷面)、記録面に触れないでください。
CD-R/DVD-Rの記録面には印刷しないでください。記録したデータが読めなくなることがあります。
インクジェット方式に対応していないCD-R/DVD-Rに印刷するとインクが乾かず、それ以降印刷できなくなる恐れもありますので、印刷しないでください。
CD-R/DVD-Rへの印刷はデータの書込み後におこなってください。書込みの前に印刷すると、指紋などの汚れやキズなどによって、書込みの時にエラーが発生することがあります。
印刷後はドライヤーの熱や直射日光を避け、自然乾燥させてください。また、インクが乾くまで印刷面に触れないでください。
CD-Rトレイにゴミなどがある場合はCD-R/DVD-Rをセットする前に取り除いてください。そのままセットすると、CD-R/DVD-Rの記録面が傷つくことがあります。
CD-Rトレイについている反射板を汚したり、傷つけたりしないでください。CD-Rトレイが汚れた場合には、反射板が傷つかないように柔らかい布などでふいてください。
プリンタの動作中(電源ランプが点滅中)にCD-Rトレイガイド/CD-Rトレイを取り外さないでください。破損の原因になります。
らくちんCDダイレクトプリント for Canon、Easy-PhotoPrint(Ver2.0以降)以外のアプリケーションを使って印刷すると、CD-Rトレイが汚れることがあります。
8cmサイズのCD-Rに印刷するときは、付属の8cmCD-Rアダプタをご使用ください。


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS 560i / PIXUS 850i / PIXUS 860i / PIXUS 865R / PIXUS 900PD / PIXUS 950i / PIXUS 990i

 

[TOP▲]
このページのトップへ