[ヘッド位置調整]の操作方法(PIXUS iP7500/iP6600DiP5200R/iP4200) -Mac OS X-



[ヘッド位置調整]の操作方法(PIXUS iP7500/iP6600DiP5200R/iP4200) -Mac OS X-
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000025706



詳細情報:
  1. [ヘッド位置調整]の操作方法 (Mac OS X)

【詳細1】[ヘッド位置調整]の操作方法 (Mac OS X)
[ヘッド位置調整]の操作方法 (Mac OS X)

プリントヘッドの位置を調整し、図や線などのズレを改善します。
(メモ)
・[ヘッド位置調整]は、自動で行う方法と、手動で行う方法があります。
通常は自動で行ってください。
・手動での[ヘッド位置調整]は、自動では調整できない誤差の補正を行うことができます。
自動で[ヘッド位置調整]を行っても線のズレなどが改善されない場合は、手動で[ヘッド位置調整]を行って下さい。
(注意)
・ケーブルの接続、プリンタの電源がONになっている事を確認して、以下の操作を行って下さい。
・印刷を行ってない事を確認してから、[IJ Printer Utility]を起動して下さい。


<自動,手動の切り替え方>
(メモ)
[ヘッド位置調整]は、通常は自動ヘッド位置調整に設定されています。

1.[IJ Printer Utility]を起動します。

2. ポップアップメニューより、[特殊設定]を選びます。

※機種によって表示が異なります。

3. [手動でヘッド位置を調整する]のチェックボックスで手動か自動を切り替えて、[送信]をクリックします。
(チェックを入れてない状態が自動で調整する設定です。)

※機種によって表示が異なります。

4. [実行]をクリックします。


以上で設定は終了です。


<自動ヘッド位置調整の方法>

1. ポップアップメニューより、[テストプリント]を選びます。

※機種によって表示が異なります。

2. [ヘッド位置調整]をクリックします。


3. オートシートフィーダにA4またはレターサイズの普通紙を1枚セットして、[ヘッド位置調整]をクリックします。
(メモ)
[設定の確認]ボタンをクリックすると、現在の調整値を印刷して操作を終了します。


4. [ヘッド位置調整]が始まります。
印刷が終わるまで他の操作はしないでください。

以上でヘッド位置調整は終了です。


<手動ヘッド位置調整の方法>

1. ポップアップメニューより、[テストプリント]を選びます。

※機種によって表示が異なります。

2. [ヘッド位置調整]をクリックします。


3. 本体の給紙切替ボタンで選択しているほうにA4またはレターサイズの普通紙を1枚セットして、[ヘッド位置調整]をクリックします。
(メモ)
[設定の確認]ボタンをクリックすると、現在の調整値を印刷して操作を終了します。


4. [ヘッド位置調整]が始まります。
印刷が終わるまで他の操作はしないでください。

5. 印刷された用紙を見ながら、下記に示す手順に従ってください。

※機種によりパターンが異なります。

5-1. 実際に印刷されているA列のパターンの中から最も縦スジの目立たないものを1つ選びます。
5-2. 選んだ番号を、画面右のA列のボックスに入力します。
5-3. A列と同じ要領で、B列以下のパターン番号を入力します。
5-4. 番号の入力が完了したら[設定]をクリックします。

<1>縦スジの目立つパターンの例
<2>縦スジの目立たないパターンの例

6. 続いて、普通紙に印刷するための調整パターンを印刷します。
本体の給紙切替ボタンで選択しているほうにA4またはレターサイズの普通紙を1枚セットして、[実行]をクリックします。


7. 調整パターンの印刷が始まります。
印刷が終わるまで他の操作はしないでください。

8. 印刷された用紙を見ながら、手順5と同じように[ヘッド位置調整]画面にパターン番号を入力してください。

※機種によりパターンが異なります。


以上でヘッド位置調整は終了です。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP4200 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6600D / PIXUS iP7500

 

[TOP▲]
このページのトップへ