ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-680J)



ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-680J)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000037311



■ヘッドクリーニングの操作方法(BJC-680J)

BJC-680Jのプリントヘッドクリーニングは「クリーニングA」「クリーニングB」「ヘッドリフレッシング」の3種類があります。

クリーニングA
  すべてのBJヘッドをクリーニングします。
  印刷すると文字が欠けたり白いすじができるときに行います。
   
操作方法
   
1. 「オンライン」キーを 押し、オフライン状態にします。
   
2. 「用紙」キーを押し続けて、「ユーティリティ」と表示されたら手を離します。
  「テストプリントA」が左端に表示されます。
   
3. 「メニュー」キーを6回押します。
  「クリーニングA」が左端に表示されます。
   
4. 「リセット/実行」キーを押します。
  「クリーニングチュウ」と表示されクリーニングAが実行されます。約1分40秒で終了します。
   
クリーニングB
  すべてのBJヘッド、または特定のインクカートリッジに対応するBJヘッドをクリーニングします。
  インクカートリッジを交換したときに、対応するBJヘッドに対して行います。
   
  ※ インクカートリッジにインクがセットされているにも関わらず「インクカクニン」のメッセージが出る場合も対応するBJヘッドに対してクリーニングBを行ってください。
   
操作方法
   
1.

「オンライン」キーを押し、オフライン状態にします。

   
2. 「用紙」キーを押し続けて、「ユーティリティ」と表示されたら手を離します。
  「テストプリントA」が左端に表示されます。
   
3. 「メニュー」キーを7回押します。
  「クリーニングB」が左端に表示されます。
   
4. 「リセット/実行」キーを押します。
  「クリーニングチュウ」と表示され、クリーニングBが実行されます。約4分で終了します。
   
特定の色のBJヘッドを指定する場合
   
1. 「オンライン」キーを押し、オフライン状態にします。
   
2. 「用紙」キーを押し続けて、「ユーティリティ」と表示されたら手を離します。
  「テストプリントA」と左端に表示されます。
   
3. 「メニュー」キー、または「用紙」キーを数回押し、クリーニングしたいBJヘッドのクリーニングBを左端に表示させる。
  (例)クロのクリーニングBを行う場合は、「メニュー」キーを8回押して、「クリーニングB(Bk)」を表示させます。
   
4. 「リセット/実行」キーを押します。
  「クリーニングチュウ」と表示され、クリーニングBが実行されます。約1分で終了します。
   
ヘッドリフレッシング
  クリーニングAを数回行っても文字が欠けたり白いすじがでる症状が改善されない場合に、すべてのBJヘッドをクリーニングします。
   
操作方法
   
1.

「オンライン」キーを押し、オフライン状態にします。

   
2. 「用紙」キーを押し続けて、「ユーティリティ」と表示されたら手を離します。
  「テストプリントA」が左端に表示されます。
   
3. 「用紙」キーを1回押します。
  「ヘッドリフレッシング」と表示されます。
   
4. 「リセット/実行」キーを押します。
  パネル上に「リフレッシングチュウ」と表示され、ヘッドリフレッシングが実行されます。約4分で終了します。
   
クリーニングを行うと、そのヘッドに対応したインクが少量消費されます。
   
クリーニング終了後に続けて印刷をするときは「オンライン」キーを押してオンライン状態にします。
   

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

BJC-680J

 

[TOP▲]
このページのトップへ