給紙方法を変更する方法 (PIXUS iP4500 / Mac OS X)



給紙方法を変更する方法 (PIXUS iP4500 / Mac OS X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038875



詳細情報:
  1. 給紙方法を変更する方法 (Mac OS X)

【詳細1】給紙方法を変更する方法 (Mac OS X)
給紙方法を変更する方法 (Mac OS X)

プリンタの給紙方法には、後トレイからとカセットからの 2 種類があります。
給紙方法はプリンタドライバからでも選択できます。


< 操作手順 >

( 注 )
コンピュータとプリンタがケーブルで接続されていることと、プリンタの電源が入っていることを確認してから、以下の手順を行ってください。

1. [ ファイル ] メニューより [ プリント... ] を選んで、[ プリント ] ダイアログを開きます。


2. [ プリンタ ] のポップアップメニューより、ご使用のプリンタを選びます。


3. ポップアップメニューより、[ 品位と用紙の種類 ] を選びます。


4. [ 給紙方法 ] のポップアップメニューより、給紙方法を選びます。


[ 給紙切替ボタンに従う ]

本体の給紙切替ボタンに従い、後トレイまたはカセットから給紙を行います。
通常はこの設定になっています。

[ 後トレイ ]

常に後トレイから給紙を行います。
本体の給紙切替ボタンは無効となります。

[ カセット ]

常にカセットから給紙を行います。
本体の給紙切替ボタンは無効となります。

[ 用紙なし時に自動切替 ]

本体の給紙切替ボタンで指定した給紙口から給紙し、用紙がなくなった場合に自動的に給紙口を切り替えます。

( メモ )
用紙の種類によっては選択できません。

[ 用紙割り当てに従う ]

印刷データの用紙の種類とサイズが、用紙割り当てで設定した用紙の種類とサイズと一致する時は、自動的にカセットから給紙を行います。
一致しないときは後トレイから給紙を行います。

設定は、以下の手順で行います。
(1) [ 用紙割り当て ] をクリックします。


(2) [ IJ Printer Utility ] が起動します。

(3) [ 用紙の種類 ] と [ 用紙サイズ ] のポップアップメニューより、カセットから給紙したい用紙の種類とサイズを選びます。

* 機種によって表示が異なります。

(4) [ 適用 ] をクリックします。

(5) 確認メッセージが表示されるので [ 実行 ] をクリックします。

(6) [ IJ Printer Utility ] 画面で、[ 終了 ] をクリックします。

5. [ プリント ] をクリックして印刷を行ってください。


以上で終了です。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP4500

 

[TOP▲]
このページのトップへ