インクづまりをなくす方法 (Mac OS X)



インクづまりをなくす方法 (Mac OS X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038911



詳細情報:
  1. インクづまりをなくす方法 (Mac OS X)

【詳細1】インクづまりをなくす方法 (Mac OS X)
インクづまりをなくす方法 (Mac OS X)

印刷結果がかすれたり、スジが入るなどの現象がある場合、インクの噴出し口 ( ノズル ) が目づまりしている可能性があります。
それらの現象は、プリンタの機能の [ クリーニング ] や [ 強力クリーニング ] を行うことで改善されることがあります。
また、クリーニング後に確認パターン ( ノズルチェックパターン ) を印刷することで、クリーニングの結果を確認できます。

インクづまりの状態を確認し、改善するために、以下の手順でメンテナンスを行ってください。


( メモ )
強力クリーニングの後にノズルチェックパターンを印刷して、パターンの欠けが改善されていない場合は、プリントヘッドが故障している可能性があります。


< 操作手順 >

( 注 )
コンピュータとプリンタがケーブルで接続されていることと、プリンタの電源が ON になっていることを確認して、以下の手順を行ってください。

[ クリーニング ], [ 強力クリーニング ], [ 確認パターンの印刷 ] の各操作は、[ IJ Printer Utility ] で行います。
[ IJ Printer Utility ] は、以下の手順で開きます。

1. [ アプリケーション ] -> [ ユーティリティ ] の順にフォルダを開き、[ プリンタ設定ユーティリティ ] をダブルクリックします。

( メモ )
[ プリンタ設定ユーティリティ ] は、Mac OS X のバージョンによって名称が異なります。
Mac OS X のバージョンが 10.2.8 の場合は、 [ プリントセンタ ] をダブルクリックしてください。

2. [ プリンタリスト ] に表示されたご使用の機種名を選択して、ツールバーにある [ ユーティリティ ] をクリックします。

( メモ )
機種名が表示されない場合は、[ 追加 ] をクリックしてご使用の機種を検出してください。

3. 同様に [ プリンタリスト ] に表示されたご使用の機種名を選択して、[ メンテナンス ] をクリックします。

( メモ )
機種名が表示されない場合は、コンピュータとプリンタがケーブルで接続されていることと、プリンタの電源が ON になっていることを確認し、[ プリンタリスト ] のポップアップメニューより、実際の接続形態を選んでください。

4. [ IJ Printer Utility ] が起動します。

5. 確認パターン ( ノズルチェックパターン ) を印刷したい場合は、< ノズルチェックパターンの印刷方法 > を参照してください。
プリントヘッドのクリーニングをしたい場合は、< [ クリーニング ] の操作方法 > を参照してください。
プリントヘッドの強力クリーニングをしたい場合は、< [ 強力クリーニング ] の操作方法 > を参照してください。




< ノズルチェックパターンの印刷方法 >

1. [ IJ Printer Utility ] のポップアップメニューより [ テストプリント ] を選びます。


2. [ ノズルチェックパターン印刷 ] をクリックします。


3. 紙厚レバーを右にセットし、後トレイにキヤノン純正の L 版の用紙を 1 枚入れてください。
その後、[ 確認パターン印刷 ] をクリックします。


4. [ ノズルチェックパターン印刷 ] が開始されます。

5. 印刷したノズルチェックパターンを確認します。

[ 正常の場合 ]
印刷されたパターンに白いすじがない


[ 異常の場合 ]

< 異常 A >
すべての色が全くでない ( 白紙で印刷される )

< 異常 B >
まったく出ない色がある


< 異常 C >
印刷されたパターンに白いすじがある


6. 正常または異常であるかを判断して、以下の対処をしてください。

< 正常 >の場合
インクの噴き出し口 ( ノズル ) は目づまりしていません。
[ 終了 ] をクリックして [ パターンの確認 ] を終了してください。

< 異常 >の場合
[ クリーニング ] をクリックして、プリントヘッドのクリーニングをしてください。





< [ クリーニング ] の操作方法 >

1. [ IJ Printer Utility ] のポップアップメニューより [ クリーニング ] を選びます。

2. [ クリーニング ] をクリックします。

3. [ 実行 ] をクリックします。

( メモ )
インクの噴き出し口 ( ノズル ) のクリーニングはインクを消費します。クリーニングを頻繁に行うと、インクが早く消費されるのでご注意ください。


4. インクの噴き出し口 ( ノズル ) のクリーニングが始まります。
クリーニングが終わるまで他の操作はしないでください。

5. クリーニングが終わったら、ノズルチェックパターンを印刷します。
紙厚レバーを右にセットし、後トレイにキヤノン純正の L 版の用紙を 1 枚入れてください。

6. [ 確認パターン印刷 ] をクリックします。


7. 確認パターン ( ノズルチェックパターン ) が印刷されたら、上記 < ノズルチェックパターンの印刷方法 > の項目 5. を参照して良否確認を行ってください。




< [ 強力クリーニング ] の操作方法 >

1. [ IJ Printer Utility ] のポップアップメニューより [ クリーニング ] を選びます。

2. [ 強力クリーニング ] をクリックします。

3. [ 実行 ] をクリックします。

( 注 )
[ 強力クリーニング ] は、[ クリーニング ] よりもたくさんのインクを消費します。[ クリーニング ] で状況が改善できなかった場合のみ実行してください。


4. インクの噴き出し口 ( ノズル ) の強力クリーニングが始まります。
クリーニングが終わるまで他の操作はしないでください。

5. プリンタの動作が止まったら、強力クリーニングは終了です。

( メモ )
[ 強力クリーニング ] 後に確認パターン ( ノズルチェックパターン ) で確認しても異常の場合は、プリンタの電源を切って 24 時間以上経過した後に、再度 [ 強力クリーニング ] を行ってください。
時間をおくことにより、プリントヘッド内で固まったインクが溶解し、目づまりが解消できる場合があります。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS mini360

 

[TOP▲]
このページのトップへ