用紙がうまく送られない(PIXUS iP4600)



用紙がうまく送られない(PIXUS iP4600)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044835



現象


原因と対処方法









[用紙なし時に自動切替]
指定した給紙位置の普通紙がなくなった場合、自動的に給紙位置を切り替えます。
大量に印刷をしたい場合、両方に同じサイズの普通紙を入れておけば、用紙がなくなったときに自動的に給紙位置が切り替えられるので、用紙をセットする手間を省くことができます。
重要
  • [用紙の種類]で[普通紙]以外が選ばれている場合は、[用紙なし時に自動切替]は設定できません。
  • 最後に[用紙なし時に自動切替]を選んで印刷を終了した給紙位置から給紙されるため、後トレイとカセットには同じ用紙をセットしてください。


[用紙割り当てに従う]
印刷データの用紙の種類が普通紙で、用紙のサイズが用紙割り当てと一致するときは、自動的にカセットから給紙を行います。一致しないときは後トレイから給紙を行います。
用紙割り当ての設定を変更する場合は、[用紙割り当て...]ボタンをクリックし、カセットに入れる[用紙のサイズ]を設定して、[OK]ボタンをクリックしてください。
使用頻度の高い普通紙をカセットに割り当てれば、ほかの用紙を使う印刷データは後トレイから給紙されるので、用紙をセットし直す手間を省くことができます。
3. 設定を完了
[OK]ボタンをクリックします。
印刷を実行すると、設定した給紙方法で印刷されます。


  • プリンタドライバの[給紙方法]で[自動選択]に設定した場合の、普通紙の給紙位置設定について
[給紙方法]で[自動選択]に設定した場合の普通紙の給紙位置を、プリンタドライバで設定することができます。
給紙位置を設定する手順を説明します。
普通紙の給紙位置設定
1. プリンタドライバの設定画面を開く
2. [ユーティリティ]シートの[普通紙の給紙位置設定]ボタンをクリック
[普通紙の給紙位置設定]ダイアログボックスが表示されます。
3. 設定を送信
普通紙の給紙位置を選んで、[送信]ボタンをクリックします。
これ以降、設定が有効になります。
重要
本製品の取扱説明書では、普通紙はカセットから給紙されることを前提として説明しています。設定を変更した場合は、説明を読み替えてご使用ください。






参考
給紙ローラのクリーニングは給紙ローラが磨耗しますので、必要なときのみ行ってください。



     

    [TOP▲]

    この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

    PIXUS iP4600

     

    [TOP▲]
    このページのトップへ