インクタンクを交換する(PIXUS Pro9500 Mark II)



インクタンクを交換する(PIXUS Pro9500 Mark II)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000047682



対処方法

印刷中にインクがなくなると、エラーランプがオレンジ色に4回または17回点滅し、パソコンの画面にエラーメッセージが表示されます。なくなったインクを確認して、新しいインクタンクに交換してください。
参考
  • インクがなくなるなどのエラーが発生すると、エラーランプがオレンジ色に点滅してお知らせします。 プリンタのエラーランプがオレンジ色に点滅している 」の「4回」または「17回」を参照して対処方法を確認してください。
  • 本製品で使用できるインクタンクの番号については、本書の裏表紙を参照してください。


1. 電源が入っていることを確認し、排紙トレイをゆっくり手前に開く
前トレイの上部中央を軽く押して、ゆっくり手前に開きます。

2. トップカバーを開く
プリントヘッドホルダが交換位置に移動します。
注意
プリントヘッドホルダが動いている間はプリントヘッドホルダを手で止めたり、無理に動かしたりしないでください。プリントヘッドホルダの動きが止まるまでは、手を触れないでください。
重要


3. インクランプの点滅が速いインクタンクを取り外す
インクタンクの固定つまみ(B)を押し、インクタンクを上に持ち上げて外します。プリントヘッドの固定レバー(C)には触れないようにしてください。
重要
  • 衣服や周囲を汚さないよう、インクタンクの取り扱いには注意してください。
  • 空になったインクタンクは地域の条例にしたがって処分してください。また、キヤノンでは使用済みインクタンクの回収を推進しています。
参考
  • 一度に複数のインクタンクを外さず、必ず1つずつ交換してください。
  • インクランプの点滅速度については、「 インクの状態を確認する 」を参照してください。

4. インクタンクを準備する
(1) 新しいインクタンクを袋から出す
(2) インクタンクの底部にあるオレンジ色の保護キャップ(D)を図のように取り外す
指にインクが付着しないように、キャップを押さえながら取り外してください。
取り外した保護キャップは捨ててください。
重要
インクタンクの基板部分(E)には触らないでください。正常に動作/印刷できなくなるおそれがあります。
重要
  • インクタンクを振るとインクが飛び散り、手やまわりのものを汚すおそれがあります。インクタンクの取り扱いには注意してください。
  • インクが飛び出すことがありますので、インクタンクの側面は強く押さないでください。
  • 取り外した保護キャップに付いているインクで、手やまわりのものを汚すおそれがあります。ご注意ください。
  • 取り外した保護キャップは、再装着しないでください。地域の条例にしたがって処分してください。
  • 保護キャップを取り外したあと、インク出口に手を触れないでください。インクが正しく供給されなくなる場合があります。

5. インクタンクを取り付ける
(1) 新しいインクタンクをプリントヘッドに向かって斜めに差し込む
ラベルに合わせて取り付けます。
(2) インクタンク上面の 部分を「カチッ」と音がするまでしっかり押して、インクタンクを固定する
取り付けたら、インクランプが赤く点灯したことを確認してください。
重要
  • インクタンクの取り付け位置を間違えると印刷できません。プリントヘッドホルダに付いているラベルに合わせ、インクタンクを正しい位置に取り付けてください。
  • ひとつでもセットされていないインクタンクがあると印刷できません。必ずすべてのインクタンクをセットしてください。

6. トップカバーを閉じる
本製品が自動的にインクをかき混ぜます。
電源ランプが点滅から点灯に変わり、動作音がしなくなるまでお待ちください(最長で3分程度かかります)。
本製品の動作中(電源ランプが青色に点滅中)は、トップカバーを開けないでください。
参考
  • トップカバーを閉じたあとにエラーランプがオレンジ色に点滅した場合は、「 プリンタのエラーランプがオレンジ色に点滅している 」を参照してください。
  • 次回印刷を開始すると、自動的にプリントヘッドのクリーニングが開始されます。クリーニング中は電源ランプが青色に点滅しますので、終了するまでほかの操作を行わないでください。
  • 罫線がずれて印刷されるなど、プリントヘッドの位置ずれが確認されたときには、プリントヘッドの位置を調整します。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS Pro9500 MarkII

 

[TOP▲]
このページのトップへ