普通紙の印刷スピード・コピースピード(ISO規格)について



普通紙の印刷スピード・コピースピード(ISO規格)について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000048686




  概要
   
普通紙の印刷スピード・コピースピードに関してISO(国際標準化機構)にて新しく「プリンタ/複写機生産性測定方法規格(ISO/IEC 24734および24735)」の業界標準が制定されました。

これに伴い、キヤノンは「プリンタ/複写機生産性測定方法規格(ISO/IEC 24734および24735)」に基づいた普通紙でのプリント/コピーの測定方法および表記を採用しました。
   
普通紙の印刷スピード・コピースピードは各機種の製品仕様ページでご確認ください。(ただし機種によっては数値を公開していないものがございますのでご注意ください。)
   
測定環境について
 

普通紙の印刷スピード・コピースピード

測定画像

測定方法 国際標準 ISO/IEC 24734,24735 Annex D ※1(Word/Excel/PDF 複数文書の連続印刷)※1
使用用紙/ドライバー設定 ドライバー/コピー設定:普通紙設定時のデフォルト設定

フチなし全面印刷:OFF
使用アプリケーション Microsoft Excel/
Microsoft Word/
Adobe Reader
※1 ISO/IEC 24734、 24735は標準設定のプリントおよびコピー速度の測定方法です。
普通紙プリントスピードはISO/IEC 24734 Category Test 片面印刷 ESATの平均値です。
普通紙の原稿台コピ−スピードはISO/IEC 24735 Annex D FCOTの平均値です。
普通紙のADFコピースピードはISO/IEC 24735 GeneralPerformance Test 片面印刷 ESATの平均値です。ESATは1セット目の印刷時間は除きます。
   
さらに詳細な情報に関して
普通紙の印刷スピード・コピースピードに関しまして、より詳細な情報をお知りになりたい場合には、お客様相談センターにお問合せください。
  • インクジェットプリンターはこちら
  • インクジェット複合機はこちら

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP100 / PIXUS iP2600 / PIXUS iP3600 / PIXUS iP4600 / PIXUS Pro9000 MarkII / PIXUS Pro9500 MarkII / PIXUS iX5000

 

[TOP▲]
このページのトップへ