用紙がつまった(PIXUS iX7000)



用紙がつまった(PIXUS iX7000)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000050548



現象

参考
印刷中につまった用紙を取り除くため本製品の電源を切る場合は、リセットボタンを押して、印刷を中止してから電源を切ってください。

原因と対処方法



手順1で用紙を取り除けなかったとき:
2.背面カバーを開く
重要
  • 背面カバーを開けた際は、搬送ローラーと本製品の内部の部品には触れないでください。


3. 排紙口側から用紙をゆっくり引っ張る
用紙を取り除きにくいときは、背面カバー側からゆっくり取り除いてください。
4. 背面カバーを閉じる
5. 用紙をセットし直し、本製品のリセットボタンを押す
後トレイから印刷する場合は、用紙ガイドを正しい位置に合わせてください。用紙ガイドを正しい位置に合わせていないと、正しく給紙されないことがあります。
手順1で電源を入れ直した場合、本製品に送信されていた印刷データは消去されますので、もう一度印刷をやり直してください。
参考
  • 用紙をセットし直すときは、用紙が印刷に適していること、用紙を正しくセットしていることを確認してください。
  • 写真やグラフィックを含む原稿の印刷はA5サイズ以外の用紙に印刷することをお勧めします。A5サイズの用紙に印刷すると、用紙が反って排紙できない原因になることがあります。


上記の対処を行っても解決しない場合は、パーソナル機器修理受付センターまたはお近くの修理受付窓口に修理をご依頼ください。

※インターネットに接続します。接続料金はお客様のご負担となります。
※適切なページを表示するためだけに、ご使用の製品名、地域情報、OSの種類、プリンターの状態に関する情報、お客様がこのボタンをクリックしたという情報がキヤノンに送信されます。

※修理申込みはこちら





2. 用紙をゆっくり引っ張る
参考
  • 用紙が引き抜けない場合は、本製品の電源を切り、本製品の電源を入れ直してください。用紙が自動的に排紙されることがあります。




手順2で用紙を取り除けなかったとき:
3. 前トレイの手差し給紙口に用紙がある場合は、取り除く
4. 背面カバーを開けたままカセットを取り出す
両手でカセットを止まる位置まで引き出し、手前を少し持ち上げて引き出してください。
5. 用紙をゆっくり引っ張る
6. 背面カバーを閉じる
7. カセットから用紙がはみ出しているときは、用紙を取り除き用紙をそろえてからセットし直す
自動両面印刷をしていて、手順1〜6でも用紙が見つからないときは、両面搬送部を確認してください。
-> [ 自動両面印刷をしていて、用紙を取り除けなかった ]
参考


8. カセットを本製品にセットし直し、本製品のリセットボタンを押す
手順2で電源を入れ直したときは、本製品に送信されていた印刷データは消去されますので、もう一度印刷をやり直してください。
上記の対処を行っても解決しない場合は、パーソナル機器修理受付センターまたはお近くの修理受付窓口に修理をご依頼ください。
※インターネットに接続します。接続料金はお客様のご負担となります。
※適切なページを表示するためだけに、ご使用の製品名、地域情報、OSの種類、プリンターの状態に関する情報、お客様がこのボタンをクリックしたという情報がキヤノンに送信されます。


※修理申込みはこちら



2. 用紙をゆっくり引っ張る
参考
  • 用紙が引き抜けない場合は、本製品の電源を切り、本製品の電源を入れ直してください。用紙が自動的に排紙されることがあります。


手順2で用紙を取り除けなかったとき:
3. 前トレイの手差し給紙口に用紙がある場合は、取り除く
4. 背面カバーを開けたままカセットを取り出す
両手でカセットを止まる位置まで引き出し、手前を少し持ち上げて引き出してください。
5. プリンター内部の緑色の紙づまり解除レバーを押しながら、用紙をゆっくり引っ張る
6. 背面カバーを閉じる
7. カセットを本製品にセットし直し、本製品のリセットボタンを押す
手順2で電源を入れ直したときは、本製品に送信されていた印刷データは消去されますので、もう一度印刷をやり直してください。
上記の対処を行っても解決しない場合は、パーソナル機器修理受付センターまたはお近くの修理受付窓口に修理をご依頼ください。
※インターネットに接続します。接続料金はお客様のご負担となります。






チェック5: A3サイズの普通紙に印刷していませんか


関連情報


     

    [TOP▲]

    この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

    PIXUS iX7000

     

    [TOP▲]
    このページのトップへ