印刷できる範囲(PIXUS iP4700)



印刷できる範囲(PIXUS iP4700)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000051118



対処方法

印刷の品質を維持するため、用紙の上下左右に余白を設けています。実際に印刷できる範囲は、これらの余白を除いた部分となります。
印刷推奨領域: この範囲に印刷することをお勧めします。
印刷可能領域: 印刷できる範囲です。
ただし、印刷の品質または用紙送りの精度が低下することがあります。
参考
フチなし全面印刷について
- フチなし全面印刷を設定すると、余白のない印刷が可能になります。
- フチなし全面印刷を行うと、画像は用紙全体に印刷されるように拡大されるため、画像の周囲がわずかに欠けます。
- フチなし全面印刷には、以下の用紙をご使用ください。
  • キヤノン写真はがき・光沢 KH-301
  • プロフェッショナルフォトはがき PH-101
  • キヤノン写真用紙・絹目調 SG-201
  • キヤノン写真用紙・光沢 GP-501
  • キヤノン写真用紙・光沢 プロ [プラチナグレード] PT-101*
  • キヤノン写真用紙・光沢 ゴールド GL-101
  • キヤノン写真用紙・光沢 プロフェッショナル PR-201
  • マットフォトペーパー MP-101*
  • 片面光沢名刺用紙 KM-101*/両面マット名刺用紙 MM-101*
  • インクジェットはがき*
  • インクジェット光沢はがき*
  • はがき*
* パソコンからの印刷にのみ使用できます。
上記以外の用紙では印刷品質が著しく低下したり、色味が変わったりすることがあります。
普通紙では印刷品質がやや低下することがありますので、試し印刷などにご使用ください。なお、パソコンから印刷するときのみ普通紙にフチなし全面印刷ができます。
- リーガル/A5/B5サイズの用紙と往復はがき、封筒にはフチなし全面印刷はできません。
- 使用している用紙によっては、フチなし全面印刷を行うと用紙の上端や下端部分の印刷品質がやや低下したり、汚れが発生することがあります。
自動両面印刷では、用紙の上辺の印刷可能領域が通常より2 mm分狭くなります。

サイズ印刷可能領域(幅×長さ)
レター203.2 mm×271.4 mm
リーガル203.2 mm×347.6 mm

:印刷推奨領域
:印刷可能領域

サイズ印刷可能領域(幅×長さ)
洋形4号98.2 mm×194.6 mm
洋形6号91.2 mm×149.6 mm

:印刷推奨領域

封筒(長形3号/長形4号)
サイズ印刷推奨領域(幅×長さ)
長形3号113.2 mm×225.0 mm
長形4号83.2 mm×195.0 mm

参考
  • Macintoshをご使用の場合は、長形3号および長形4号の封筒は使用できません。

:印刷推奨領域

サイズ印刷可能領域(幅×長さ)
A5141.2 mm×202.0 mm
A4203.2 mm×289.0 mm
B5175.2 mm×249.0 mm
KG94.8 mm×144.4 mm
US 4 x 894.8 mm×195.2 mm
US 5 x 7120.2 mm×169.8 mm
六切196.4 mm×246.0 mm
L判82.2 mm×119.0 mm
2L判120.2 mm×170.0 mm
はがき93.2 mm×140.0 mm
往復はがき193.2 mm×140.0 mm
名刺48.2 mm×83.0 mm
ワイド94.8 mm×172.6 mm

:印刷推奨領域
:印刷可能領域


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP4700

 

[TOP▲]
このページのトップへ