宛名職人2011/2012/2013ではがき(年賀状)を自動両面印刷する方法(Windows)



宛名職人2011/2012/2013ではがき(年賀状)を自動両面印刷する方法(Windows)
更新日 : 2014年10月28日
文書番号 : Q000060057



宛名職人2011/2012/2013ではがき(年賀状)を自動両面印刷する方法




■概要

宛名職人2011/2012/2013から「自動両面印刷機能」を使ってはがきに印刷する方法についてご案内します。
ここでは、宛名職人2011を使用してインクジェット紙郵便はがき(年賀状)への印刷を例に説明しています。

お使いの機種によって画面が異なることがあります。

   注意
 
  はがきへの印刷は、おもて面(宛て名面)→うら面(通信面)の順で行われます。 プリンタへの
はがきのセットの向きを間違えないように注意してください。



  宛名職人2011/2012/2013ではがき(年賀状)を自動両面印刷する
  ここではインクジェット紙郵便はがきに自動両面印刷を行う手順についてご案内します。
なお、印刷する住所録、文面のデータはあらかじめ作成しておいてください。

PIXUS MP990を例にしますが、その他の機種の場合にも手順は同様です。
 

1. 文面デザインを開いた後、住所録を開きます。
文面デザインと住所録が両方開いた状態で[宛名印刷]をクリックします。
 
 


2. 「宛名印刷」ウィンドウが表示されます。「印刷条件」を設定し、「プリンタの設定」をクリックします。
 
 


3. 「プリンタの設定」ウィンドウが表示されます。「サイズ」を「はがき」に設定します。
 
 


4. 「両面印刷」にチェックを入れ、「はがき自動両面印刷」を選択します。
 
 


5. 宛名面と通信面の設定を行います。設定したら「印刷」をクリックします。
 
宛名面の[用紙種類]を設定します。ここでは、「すべてのはがき(あて名面)」に設定しています。
裏面の[用紙種類]を設定します。ここでは、「インクジェットはがき(通信面)」に設定しています。
必要に応じて印刷品質も変更します。
 


6. 「印刷」ウィンドウが表示されます。「OK」をクリックします。
 
 


7. 下記のメッセージが表示されたら「OK」をクリックします。
 
 


8. 下記のメッセージが表示されたらメッセージを確認し、「はい」もしくは「いいえ」をクリックします。
 
   
「いいえ」をクリックした場合は、そのまま印刷が開始ます。
「はい」を選択した場合には、下記のメッセージが表示されます。「印刷続行」をクリックすると印刷が開始します。
 
 

印刷が開始します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP3100 / PIXUS iP4100 / PIXUS iP4100R / PIXUS iP4200 / PIXUS iP4300 / PIXUS iP4500 / PIXUS iP4600 / PIXUS iP4700 / PIXUS iP4830 / PIXUS iP4930 / PIXUS iP5200R / PIXUS iP6100D / PIXUS iP6600D / PIXUS iP6700D / PIXUS iP7100 / PIXUS iP7230 / PIXUS iP7500 / PIXUS iP8100 / PIXUS iP8600 / PIXUS iX7000

 

[TOP▲]
このページのトップへ