後トレイに封筒をセットする(PIXUS iP4930)



後トレイに封筒をセットする(PIXUS iP4930)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000063789



対処方法

一般の長形3号/4号の封筒と、洋形4号/6号の封筒に印刷できます。
プリンタードライバーで適切に設定することにより、あて名は封筒の向きに合わせて、自動的に回転して印刷されます。
重要
  • 次のような封筒は、紙づまりや故障の原因になるため使用できません。
- 角形封筒
- 型押しやコーティングなどの加工された封筒
- ふたが二重(またはシール)になっている封筒
- ふた部分の乾燥糊が湿って、粘着性が出てしまった封筒
  • Macintoshをご使用の場合は、長形3号/ 4号の封筒は印刷できません。

1. 封筒の準備をします。
  • 封筒の四隅と縁を押して平らにします。
長形封筒
洋形封筒
  • 封筒が反っている場合は、両手で対角線上の端を持って、逆方向に軽く曲げます。
  • 封筒のふた部分が折れ曲がっている場合は平らにします。
  • 挿入方向の先端部をペンで押して平らに伸ばします。
長形封筒
洋形封筒
上の図は、封筒の先端部の断面図です。
重要
平らになっていなかったり、端がそろっていなかったりすると、紙づまりの原因になることがあります。反りやふくらみが3 mm(0.1 inches)を超えないようにしてください。

2. 封筒をセットします。
(1) 用紙サポートを開き、引き出します。
(2) 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを引き出して開きます。
(3) 用紙ガイド(A)を広げ、封筒の印刷する面を表にして、後トレイの中央にセットします。
一度に10枚までセットできます。
(4) 用紙ガイド(A)を動かし、封筒の両端に合わせます。
用紙ガイドを封筒に強く突き当てすぎないようにしてください。うまく給紙されない場合があります。

  • 長形封筒
セットのしかた:
ふたを折りたたまずに上に向け、縦置きでセットする
  • 洋形封筒
セットのしかた:
あて名面を表にし、折りたたんだふたを左側にして、縦置きでセットする
あて名面を表にし、ふたを折りたたんで、縦置きでセットする
(郵便番号欄がある場合は下に向けてセットしてください)
参考
封筒は最大用紙量のマーク(B)の線を超えないようにセットしてください。

参考
封筒をセットしたら
  • プリンタードライバーの印刷設定で、セットした封筒に合わせて封筒の種類や印刷の向きなどを設定します。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP4930

 

[TOP▲]
このページのトップへ