ノズルチェックパターンを印刷する (PIXUS PRO-1)



ノズルチェックパターンを印刷する (PIXUS PRO-1)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000066155



対処方法


用意するもの:A4 サイズの普通紙1枚
参考
  • インク残量が少ないとノズルチェックパターンが正しく印刷されません。インク残量が少ない場合はインクタンクを交換してください。
- パソコンを使わずにノズルチェックパターンを印刷する
(1) 電源が入っていることを確認し、後トレイにA4サイズの普通紙を1枚セットします。
(2) 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを引き出します。
内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。
(3) リセットボタンを押し続け、電源ランプが白色に2回点滅したときに離します。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
印刷が終了するまでほかの操作を行わないでください。
ノズルチェックパターンを確認して、必要な対処をしてください。
-> 本ページ内の [ ノズルチェックパターンを確認する ] を参照してください。

1. 電源が入っていることを確認します。

2. 後トレイにA4 サイズの普通紙を1枚セットします。
重要
  • 手差しトレイからは、ノズルチェックパターンの印刷はできません。必ず後トレイに用紙をセットしてください。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを引き出します。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

4. プリンタードライバーの設定画面を開きます。

5. ノズルチェックパターンを印刷します。
(1) [ユーティリティ]タブをクリックします。
(2) [ノズルチェックパターン印刷]をクリックします。
(3) メッセージを確認して、[確認パターン印刷]ボタンをクリックします。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
印刷が終了するまでほかの操作を行わないでください。
参考
  • [確認事項]ボタンをクリックすると、ノズルチェックパターンを印刷する前の確認事項が表示されます。

6. ノズルチェックパターンを確認します。

1. 電源が入っていることを確認します。

2. 後トレイにA4 サイズの普通紙を1枚セットします。
重要
  • 手差しトレイからは、ノズルチェックパターンの印刷はできません。必ず後トレイに用紙をセットしてください。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを引き出します。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

4. Canon IJ Printer Utility(キヤノン・アイジェイ・プリンター・ユーティリティ)を開きます。

5. ノズルチェックパターンを印刷します。
(1) ポップアップメニューから[テストプリント]を選びます。
(2) [ノズルチェックパターン印刷]をクリックします。
(3) メッセージを確認して、[確認パターン印刷]ボタンをクリックします。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
印刷が終了するまでほかの操作を行わないでください。
参考
  • [確認事項]ボタンをクリックすると、ノズルチェックパターンを印刷する前の確認事項が表示されます。

6. ノズルチェックパターンを確認します。


1. パターンに横すじが入っていないかを確認します。

グループ1
パターンに横すじがある場合は、グループ1(GY、PBK、LGY、DGYのいずれか)のインクふき出し口(ノズル)のクリーニングが必要です。

グループ2
パターンに横すじがある場合は、グループ2(PC、M、Y、PMのいずれか)のインクふき出し口(ノズル)のクリーニングが必要です。

グループ3
パターンに横すじがある場合は、グループ3(MBK、C、R、COのいずれか)のインクふき出し口(ノズル)のクリーニングが必要です。
(A)(横すじがない場合)⇒クリーニング不要
(B)(横すじがある場合)⇒クリーニングが必要
参考
  • COは無色であるため、MBKのパターンに重ねて印刷しています。COのパターンでは、濃いグレーの部分に横すじ(C)が入っていないか確認してください。


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS PRO-1

 

[TOP▲]
このページのトップへ