プリントヘッドをクリーニングする (PIXUS PRO-1)



プリントヘッドをクリーニングする (PIXUS PRO-1)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000066182



対処方法

ノズルチェックパターンに横すじがある場合は、プリントヘッドのクリーニングを行ってください。ノズルのつまりを解消し、プリントヘッドを良好な状態にします。インクを消耗しますので、クリーニングは必要な場合のみ行ってください。

用意するもの:A4サイズの普通紙1枚
参考
- パソコンを使わずにクリーニングする
  • プリントヘッドを全色一括でクリーニングするときは、本製品のリセットボタンを押して行うこともできます。
(1) 電源が入っていることを確認します。
(2) リセットボタンを押し続け、電源ランプが白色に1回点滅したときに離します。
プリントヘッドのクリーニングが開始されます。電源ランプが点滅したあと白色に点灯すると、クリーニングが終了します。クリーニングが終わったら、ノズルチェックパターンを印刷して、プリントヘッドの状態を確認してください。


1. 電源が入っていることを確認します。

2. 後トレイにA4 サイズの普通紙を1枚セットします。
重要
  • 手差しトレイからは、クリーニング終了後にノズルチェックパターンの印刷はできません。必ず後トレイに用紙をセットしてください。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを引き出します。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

4. プリンタードライバーの設定画面を開きます。


(4) [実行]ボタンをクリックします。
電源ランプが白色に点滅するとプリントヘッドのクリーニングが開始されます。
クリーニングが終了するまで、ほかの操作を行わないでください。終了まで約4分かかります。
参考
  • [確認事項]ボタンをクリックすると、クリーニングを行う前の確認事項が表示されます。

(5) メッセージを確認して、[確認パターン印刷]ボタンをクリックします。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
ノズルチェックパターンの印刷が終了するまで、ほかの操作を行わないでください。

6. ノズルチェックパターンを確認します。
参考
  • クリーニングを2回繰り返しても改善されないときは、強力クリーニングを行ってください。


1. 電源が入っていることを確認します。

2. 後トレイにA4 サイズの普通紙を1枚セットします。
重要
  • 手差しトレイからは、クリーニング終了後にノズルチェックパターンの印刷はできません。必ず後トレイに用紙をセットしてください。

3. 排紙トレイをゆっくり手前に開いてから、補助トレイを引き出します。
重要
  • 内部カバーが開いている場合は、内部カバーを閉じてください。

4. Canon IJ Printer Utilityを開きます。


(4) [実行]ボタンをクリックします。
電源ランプが白色に点滅するとプリントヘッドのクリーニングが開始されます。
クリーニングが終了するまで、ほかの操作を行わないでください。終了まで約4分かかります。
参考
  • [確認事項]ボタンをクリックすると、クリーニングを行う前の確認事項が表示されます。

(5) メッセージを確認して、[確認パターン印刷]ボタンをクリックします。
ノズルチェックパターンが印刷されます。
ノズルチェックパターンの印刷が終了するまで、ほかの操作を行わないでください。

6. ノズルチェックパターンを確認します。
参考
  • クリーニングを2回繰り返しても改善されないときは、強力クリーニングを行ってください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS PRO-1

 

[TOP▲]
このページのトップへ