インクタンクを交換する (PIXUS iP110)



インクタンクを交換する (PIXUS iP110)
更新日 : 2014年8月28日
文書番号 : Q000079854



対処方法

インクタンクの交換が必要な場合は、次の手順で行います。
重要
  • インクタンクに穴を開けるなどの改造や分解をすると、インクが漏れ、本製品の故障の原因となることがあります。改造・分解はお勧めしません。
  • インクの詰め替えなどによる非純正インクのご使用は、印刷品質の低下やプリントヘッドの故障の原因となることがあります。安全上問題はありませんが、まれに、純正品にないインク成分によるとみられるプリントヘッド部分の発熱・発煙事例*も報告されています。キヤノン純正インクのご使用をお勧めします。(* すべての非純正インクについて上記事例が報告されているものではありません。)
  • 非純正インクタンクまたは非純正インクのご使用に起因する不具合への対応については、保守契約期間内または保証期間内であっても有償となります。
  • 非純正インクタンクまたは非純正インクを使用した製品の修理においては、保守契約の有無や有償修理・無償修理を問わず、追加の特殊点検等のための、特別料金をいただく場合があります。
  • インクタンクの交換は速やかに行い、インクタンクを取り外した状態で放置しないでください。
  • 交換用インクタンクは新品のものを装着してください。インクを消耗しているものを装着すると、ノズルがつまる原因になります。また、インクタンクの交換時期を正しくお知らせできません。
  • 最適な印刷品質を保つため、インクタンクは梱包箱に記載されている「取付期限」までに本製品に取り付けてください。また、開封後6ヶ月以内に使い切るようにしてください(本製品に取り付けた年月日を、控えておくことをお勧めします)。
参考
  • 黒のみの文章を印刷したり、モノクロ印刷したりするときにも、ブラック以外のインクが使われることがあります。また、本製品の性能を維持するために行うクリーニングや強力クリーニングでも、各色のインクが使われます。インクがなくなった場合は、速やかに新しいインクタンクに交換してください。

1. 電源が入っていることを確認します。

2. プリントヘッドカバーを開きます。
プリントヘッドホルダーが交換位置に移動します。
注意
  • プリントヘッドホルダーが動いている間は、プリントヘッドホルダーを手で止めたり、無理に動かしたりしないでください。プリントヘッドホルダーの動きが止まるまでは、手を触れないでください。
重要
  • プリントヘッドカバー上には物を置かないでください。プリントヘッドカバーを開けたときに後トレイに物が落ち、故障の原因になります。
  • 本体内部の金属部分やそのほかの部分に触れないでください。
  • プリントヘッドカバーを10分以上開けたままにすると、プリントヘッドホルダーが右側へ移動します。その場合は、いったんプリントヘッドカバーを閉じ、再度開けてください。

3. インクランプの点滅が速いインクタンクを取り外します。
インクタンクの固定つまみ(A)を押し、インクタンクを上に持ち上げて外します。
重要
  • インクタンク以外の部分には触れないでください。
  • 衣服や周囲を汚さないよう、インクタンクの取り扱いには注意してください。
  • 空になったインクタンクは地域の条例に従って処分してください。また、キヤノンでは使用済みインクタンクの回収を推進しています。
参考
  • プリントヘッド固定レバー(B)には触れないようにしてください。レバーを上げてしまった場合は、レバーをロックしてください。
  • 一度に両方のインクタンクを外さず、かならず片方ずつ交換してください。

4. インクタンクを袋から取り出し、インクタンクの底部にある保護キャップ(C)を取り外します。
重要
  • インクタンクの基板部分(D)には触らないでください。正常に動作/印刷できなくなるおそれがあります。
  • インクタンクを振るとインクが飛び散り、手や周りのものを汚す恐れがあります。
  • 保護キャップ(C)の内側やインク出口(E)には触れないでください。インクで手が汚れる場合があります。
  • 取り外した保護キャップ(C)は、再装着しないでください。地域の条例に従って処分してください。
  • 保護キャップ(C)を取り外したあと、インク出口(E)に手を触れないでください。インクが正しく供給されなくなる場合があります。

5. 新しいインクタンクをプリントヘッドに向かって斜めに差し込みます。
マークとマークが合うように取り付けます。

6. インクタンク上面の部分を「カチッ」と音がするまでしっかり押して、インクタンクを固定します。
取り付けたら、インクランプが点灯したことを確認してください。
重要
  • 印刷するためには両方のインクタンクをセットしてください。セットされていないインクタンクがあると印刷することができません。
  • インクタンクの奥の部分(F)が浮いている場合は、無理に取り出さず、インクタンク(Canonの文字の付近)を押してください。

7. プリントヘッドカバーを閉じます。
参考
  • プリントヘッドカバーを閉じたあとエラーランプが点滅した場合は、エラーの対処をしてください。
  • 次回印刷を開始すると、自動的にプリントヘッドのクリーニングが開始されます。クリーニング中は電源ランプが点滅しますので、終了するまでほかの操作を行わないでください。
  • 罫線がずれて印刷されるなど、プリントヘッドの位置ずれが確認されたときには、プリントヘッドの位置を調整します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

PIXUS iP110

 

[TOP▲]
このページのトップへ