Windows95/98 データ転送不能(LIPS機)



Windows95/98 データ転送不能(LIPS機)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000018797



■概要

Windows95/Windows98でデータがプリンタに転送されない(LIPS機)



詳細情報:
  1. プリンタ側がデータ受信するための基本的なセットアップがされていない
  2. プリンタ本体側の[インターフェース設定]とパソコン側の[印刷先のポート]が合致していない
  3. ネットワークで使用した場合のみデータ転送不能
  4. スプール設定のスプールデータ形式の変更を行ってみる
  5. プリンタドライバが正常にインストールされていない
  6. HUBを使用している
  7. 特定のソフトでだけ不具合が発生している
  8. ケーブルに障害が発生している
  9. プリンタのハード障害

【詳細1】プリンタ側がデータ受信するための基本的なセットアップがされていない

■原因

プリンタ側がデータ受信するための基本的なセットアップがされていない可能性があります。

■対処方法

以下の項目を確認してください。

  • プリンタの電源は入っていますか?
    プリンタの電源が入っていないと、データを受信することができません。電源スイッチをONにしてください。
  • プリンタの「オンライン」ランプは点灯していますか?
    オフライン状態だと、データを受信することはできません。オンラインボタンを押して「オンライン」状態にしてください。
  • プリンタケーブルはきちんと差し込まれていますか?差し込みはゆるくなっていませんか?
    パソコン側の接続口、プリンタ側の接続口ともに、きちんとケーブルが差し込まれているかご確認ください。
  • パソコン側の出力先ポートとプリンタに差しているプリンタケーブルが異なっていませんか?
    パソコン側出力先ポートが「LPT1」のパラレルポートになっているのに、「RS232C」のシリアルケーブルでパソコンとプリンタが接続されている等、接続設定が間違っていないかどうかご確認ください。
  • パソコンとプリンタの接続形態と、プリンタ側のインターフェース設定は合っていますか?
    ネットワークでイーサネット接続しているのに、プリンタ側のインターフェース設定が「セントロニクス」に設定されている等、プリンタ側のインターフェース設定項目をご確認ください。

 

戻る

【詳細2】プリンタ本体側の[インターフェース設定]とパソコン側の[印刷先のポート]が合致していない

■原因

プリンタ本体側のインターフェース設定とパソコン側の出力ポートが合致していないことが考えられます。

■対処方法

パソコン側の出力ポートの設定と、プリンタ側のインターフェース設定が異なっているとデータ受信できません。
プリンタ側のパネル設定でパソコン側の出力ポート設定と同じものを設定することでデータ受信が可能となります。

【スタンドアロン接続】

例えばWindowsの場合、パソコン(プリンタドライバ)側の[印刷先のポート]設定とプリンタ側の[インターフェース設定]は以下のようになります。

接続方法 パソコン側 プリンタ側
USBケーブル USBXXX * 
USB
パラレルケーブル(IEEE1284準拠)/
シリアルケーブル(RS232C)
LPT/COM セントロニクス/RS232C
XXXには数字(001、002など)が表示されます。
複数のUSBポートが存在している場合(例:USB001、USB002、・・・など)は、接続している機種名が表示されているポートを選択します。

【ネットワーク接続】

プリンタ側にオプションのプリントサーバボードを装着してネットワーク接続している場合には、プリンタ側の[インターフェース設定]ではLIPSIII機は[オプション]、LIPSIV機は[拡張I/F]に設定してください。
インターフェース自動切り替え機能を持っているプリンタであれば、[インターフェース設定]で「ジドウ」を設定していればデータ受信は可能です。

パソコン側の詳細設定はWindowsサポートメーカー、ネットワークボードの詳細設定は各ボードのメーカーへ確認してください。

 

 

戻る

【詳細3】ネットワークで使用した場合のみデータ転送不能

■原因

ネットワーク環境で使用した場合のみに、データ転送が不能な場合、ネットワーク上で何らかの不具合が発生した可能性があります。

■対処方法

プリンタ側の[インターフェース設定]をパソコンと接続するときのインターフェースの種類に合っているかどうか確認してみてください。
合っている場合には、LANアダプタの設定、セットアップし直しをお試しください。
回避されない場合には、ご使用のLANアダプタのメーカーにご確認ください。

 

戻る

【詳細4】スプール設定のスプールデータ形式の変更を行ってみる

■原因

ドライバの[スプール設定]の[スプールデータ形式]の設定を変更してみることで回避される場合があります。

■対処方法

[ドライバプロパティ] → [詳細] → [スプール設定] → [スプールデータ形式]が「EMF」になっている場合には、[スプールデータ形式]を「RAW」に変更してみてください。
また逆に[スプールデータ形式]が「RAW」になっている場合には、[スプールデータ形式]を「EMF」に変更してみてください。
現象が回避される場合があります。

※スプールデータ形式は設定変更後、Windowsを再起動することで有効になります。

戻る

【詳細5】プリンタドライバが正常にインストールされていない

■原因

プリンタドライバが正常にインストールされていない可能性があります。

■対処方法

プリンタドライバの再インストールをお試しください。

現在インストールされているプリンタドライバを削除(アンインストール)して頂き、 パソコンを再起動した後、再度プリンタドライバのインストールをお試しください。
プリンタドライバのアンインストール(削除)方法は関連情報をご参照ください。

 

戻る

【詳細6】HUBを使用している

■原因

HUBを使用している場合、データが正常に送信されていない可能性があります。

■対処方法

HUBをご使用の場合、一度切り替え器を外し、パソコンとプリンタを直接接続してプリンタの動作をご確認ください。
HUB使用時のみ発生する場合には、一度ご使用製品のメーカー 様へお問い合わせください。

 

戻る

【詳細7】特定のソフトでだけ不具合が発生している

特定のアプリケーションソフトのみで不具合が発生している場合

■対処方法

  • 新規にデータを作成しても不具合が発生するかどうか
  • 他のアプリケーションソフトでも不具合が発生するかどうか

をお試しください。

特定のアプリケーションソフトのみで不具合が発生している場合には、アプリケーションソフト側の設定に問題がある可能性が考えられます。
一度、ご使用のアプリケーションソフトメーカーにご確認ください。

※また、上記対処確認のほかに、LIPSIVの場合にはステータスプリント、LIPSIII機の場合にはテストプリントを取ってみてください。正常に印刷されない場合には、プリンタ本体のハード障害の可能性が考えられます。

戻る

【詳細8】ケーブルに障害が発生している

■原因

接続しているケーブルに障害が発生した可能性があります。

■対処方法

接続ケーブルを他のものに換えてみて、正常に印刷できるかどうかを確認してみてください。

戻る

【詳細9】プリンタのハード障害

プリンタのハード的な障害が考えられますので、一度、プリンタの修理を受けてください。

修理依頼の詳細につきましては、関連情報修理を依頼するには」をご参照ください。

CSP/CCGなどの保守契約を提携されている場合は、保守契約先へご連絡ください。

保守契約を結ばれていない場合は、下記のサイトより修理申込、またお客様相談センター窓口からも修理の受け付けを行っておりますので、ご利用ください。

 ■修理のお問い合せ
   http://cweb.canon.jp/e-support/repair/

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

GP210 / GP211 / GP215 / GP216 / GP220 / GP225 / GP255 / GP31 / GP315 / GP35 / GP355 / GP40 / GP405 / GP405 / GP555 / GP605 / LP3000 / LP3000P / LP3010 / LP3010P

 

[TOP▲]
このページのトップへ