送信を中止する方法



送信を中止する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000019179



詳細情報:
  1. 送信の中止の仕方(MEDIO)

【詳細1】送信の中止の仕方(MEDIO)
<55系、30系>

【30Fシリーズ/55F】
メモリ読込中であれば[ストップ]または[リセット]で中止になります。
液晶「ファクス」画面で[モニター]を押した状態で、ダイヤル中、呼出中、送信中と表示されていれば、赤い丸い[ストップ]を押すとエラー音がなり中止になります。
リダイヤル待機中であれば
55系→登録管理→メモリ照会→送信文書リストで該当するデータを選択し[消去]→[OK]を押します。
30系→通信管理→ 送信文書リストで該当データを選択し[消去]→[OK]を押します。
※注意
NGになった時エラーデータをメモリに残すという設定が可能ですが、ダイヤル中、呼出中、送信中に中止した時にはメモリに残ります。しかし送信文書リストから消去した場合は残りません。

【GP220シリーズ/405シリーズ】<1200系>
液晶下部の[ファクス状況]を押し、送信文書が黒反転しているのを確認して、該当データを選択し(該当データを直接指でタッチする)[中止]キーを押し、[はい]を選択します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR105 / iR105i / iR1500F / iR1500FL / iR1600 / iR1600F / iR1600FL / iR1600L / iR1610 / iR1610F / iR1610FL / iR2000 / iR2000F / iR2000FL / iR2000L / iR2010 / iR2010F / iR2010FL / iR2200 / iR2200D / iR2200F / iR2200i / iR2200L / iR2200M / iR2200P / iR2210 / iR2210F / iR2230F / iR2250i / iR2270 / iR2270F / iR2800 / iR2800D / iR2800F / iR2800i / iR2800L / iR2800M / iR2800P / iR2810 / iR2810F / iR2850i / iR2870 / iR2870F / iR3250 / iR3250i / iR3300 / iR3300D / iR3300F / iR3300i / iR3300M / iR3300L / iR3300P / iR3310 / iR3310F / iR3350i / iR3570 / iR3570F / iR400 / iR400F / iR4570 / iR4570F / iR5000 / iR5000i / iR5000P / iR5055 / iR5055N / iR5065 / iR5065N / iR5075N / iR5110 / iR5150i / iR5160i / iR5570 / iR5570N / iR6000 / iR6000i / iR6000P / iR6010 / iR6050i / iR6060i / iR6570 / iR6570N / iR70W / iR700W / iR7086B / iR7086N / iR7095i / iR7105B / iR7105i / iR7200 / iR7200P / iR7270N / iR75W / iR750W / iR8500 / iR8500P / iR8500B / iR8570N / iR900W / GP20F / GP210 / GP211 / GP215 / GP216 / GP220 / GP225 / GP255 / GP25FA / GP30 / GP31 / GP315 / GP35 / GP355 / GP40 / GP405 / GP405 / GP55 / GP555 / GP605 / LP3000 / LP3000P / LP3010 / LP3010P / iR W740 / iR W740N

 

[TOP▲]
このページのトップへ