メモリ受信・転送の設定をしても有効にならない



メモリ受信・転送の設定をしても有効にならない
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000019801



メモリ受信・転送を有効にするには2ケ所の設定が必要になります。


設定1.[ユーザーモード]→[ファクス仕様設定]→[メモリ管理機能]→[メモリ受信設定]または[転送設定]
        ここで各項目の細かい設定を行います。
       (メモリ受信であれば
                             ・暗証番号
                                    ・レポートプリントする/しない
                                    ・メモリ受信開始/終了時刻設定
         転送設定であれば  
                             ・暗証番号
                                    ・転送先
                                    ・転送指示元制限する/しない
                                    ・受信原稿プリントする/しない
                                    ・転送開始/終了時刻設定)

ここで開始/終了時刻の設定がされていれば、自動的に時間によりメモリ受信・転送が有効になります。

設定2.設定1で時間設定をしなかった場合は手動での切り替えになるため
        [ファクス]→[応用モード]→[受信モード]の画面を開き
        メモリ受信・転送を[ON]にする事により設定が有効になります。

○受信モード画面でメモリ受信・転送のON/OFFボタンが押せない状態の時は、ユーザーモードの設定がされているか確認してください。



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

GP210 / GP211 / GP215 / GP216 / GP220 / GP225 / GP255 / GP31 / GP315 / GP35 / GP355 / GP40 / GP405 / GP405

 

[TOP▲]
このページのトップへ