用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する(C20xx/C22xx/C50xx/C52xx/C70xx/C72xx/C90xx/C92xx)



用紙カセット自動選択のON/OFFを設定する(C20xx/C22xx/C50xx/C52xx/C70xx/C72xx/C90xx/C92xx)
更新日 : 2014年1月24日
文書番号 : Q000051642



自動用紙選択とオートカセットチェンジの対象となる給紙箇所を各段ごとに設定できます。
また、この設定はそれぞれの機能ごとに設定できます。
機能ごとに給紙箇所を使い分ける場合に設定してください。

 

重要
「ON」に設定した給紙箇所は、次の機能の対象となります。
 自動用紙選択 : プリント時に自動的に適切な用紙(給紙箇所)を選ぶ機能です
 オートカセットチェンジ : 続プリント中に給紙箇所の用紙がなくなった場合に、同じサイズの用紙がセットされている他の給紙箇所から自動的に給紙する機能です

[カラー選択を考慮する(C22xx/C52xx/C72xx/C92xxシリーズのみ)]や[用紙の種類を考慮する]を設定することで、 自動用紙選択やオートカセットチェンジ機能の動作が変わります。
詳細は各シリーズのEマニュアルを参照ください。

 

 

設定方法
  1. (設定/登録)→[ファンクション設定]→[共通]→[給紙動作]→[用紙カセット自動選択のON/OFF]を押します。

  2. [コピー]、[プリンター]、[保存ファイルの利用]、[受信/ ファクス]または[その他]を選択します。
    受信/ファクスは、FAXボードを装着している場合に表示されます。ファクス未装着の場合は、[受信]と表示されます。
    [その他]はレポート出力時に対象となるカセットの設定を行います。

  3. 各給紙箇所について[ON]または[OFF]を選択したあと、[OK]を押します。
    [ON] : 給紙箇所をオート選択の対象にします。
    [OFF] : 給紙箇所をオート選択の対象にしません。


給紙箇所の各番号はそれぞれの場所を示しています。
 例)2段カセットペディスタル + ペーパーデッキユニット装着時(iR-ADV C50xxシリーズ

 

注意
・手差し以外の給紙箇所をすべて[OFF]に設定することはできません。
・[受信/ファクス]、[受信]で使用できる用紙は以下の通りです。
 用紙サイズ:A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5R
 用紙の種類:普通紙、再生紙、色紙、ユーザー定義用紙(坪量:64〜105g/m2 特徴:なし 表面性:上質紙または再生紙)
・[プリンター]の設定では、「手差し」は表示されません。
 またプリンタードライバーで給紙部を指定して印刷をかけた場合、オートカセットチェンジは動作しません。

 

 

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C2020 / iR-ADV C2020F / iR-ADV C2030 / iR-ADV C2030F / iR-ADV C2218F-V / iR-ADV C2220 / iR-ADV C2220F / iR-ADV C2230F / iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C5235 / iR-ADV C5235F / iR-ADV C5240 / iR-ADV C5240F / iR-ADV C5250 / iR-ADV C5250F / iR-ADV C5255 / iR-ADV C5255F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065 / iR-ADV C7260 / iR-ADV C7270 / iR-ADV C9065 PRO / iR-ADV C9075 PRO / iR-ADV C9270 PRO / iR-ADV C9280 PRO

 

[TOP▲]
このページのトップへ