アドバンスドBOX内のデータのバックアップの方法と手順



アドバンスドBOX内のデータのバックアップの方法と手順
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000052265




 
バックアップ方法
バックアップには以下2つの方法があります。

■本体機能で行う方法(リモートUIのバックアップ)

  リモートUIに管理者権限でログインし、リモートUIのバックアップ機能で、バックアップ先の設定をクリックします。
 1)[バックアップデータの格納先]のプルダウンで保存したい格納先を選択。
  USB HDD*1、SMBサーバーのどちらかを選択し、格納先をそれぞれ入力します。
  [設定/登録]>[データ管理]>[バックアップ先の設定]

  *1)メニューに出てこない場合、サービスにご相談ください。


 2)保存データのバックアップを実行する
  「保存データのバックアップ先を設定する」で設定されたバックアップ先に保存データをバックアップする。
  ※[設定/登録]>[データ管理]>[バックアップ]>[実行]をクリック。
  ※バックアップ実行のステータス→[バックアップ状況]を確認。
  ※バックアップの方法を指定する場合は、バックアップ方法のラジオボタンを選択
  ※全体バックアップ、差分バックアップから選択

■PCからデータコピーする方法
  PCからiR-ADVのアドバンスドボックスに接続し、
  バックアップ対象のデータをコピーを行います。
 


 

注意事項
PCからアドバンスドボックスの"個人スペース"に接続するには それぞれの"個人スペース"毎に異なるユーザ名での認証が必要になります。
(個人スペース"全体のデータを一度に取得することは出来ない)



注意)HDD拡張による違い
オプションHDD装着時はUSB HDDへのみバックアップ出来ます。
 
  SMBサーバー USB HDD
80GB の場合 ○*1
オプション HDD250GB装着時 × ○*1

*1)メニューに出てこない場合、サービスにご相談ください。

                                   

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iR-ADV C5030 / iR-ADV C5030F / iR-ADV C5035 / iR-ADV C5035F / iR-ADV C5045 / iR-ADV C5045F / iR-ADV C5051 / iR-ADV C5051F / iR-ADV C7055 / iR-ADV C7065

 

[TOP▲]
このページのトップへ